【旅】2011/03/08愛知県幡豆郡2

ブログ | 2011/3/8 06:58
0630前に起きた 寝過ぎた 明るくなってきた
朝食カットする
支度整え出発


●幡豆寺部城
小さいがいこうよくのこり面白い ほんまるからの眺め良し
駐車場がないから困る
くるわがよくわかる


●寺部の立岩
城から出て偶然見つける アスファルトから岩がはえてるような
由来は看板の裏にあり
やくしにょらい関連 聖地みたいなもんだったらしい


●西戸城穴観音堂
古墳の案内があったので沿って行く
駐車場らしき広い場所に停めたら 私有地だけどと五男登場 古墳の駐車場かと思ったと告げ 代わりにとめられそうなところ あるか聞くと 短時間なんだろうから 停めてていいよと許可える どこから?とか 古墳に興味あるの?とか暫くにこやかに
古墳の中から見つかった観音をまつってると
ひぶつらしいが 五年前開帳あったらしい


●中之郷古墳
ちいさいが古墳とわかる 民家密集
天王社がまつられてる 一番上は柵があった


■愛知県幡豆郡幡豆町役場
申請書がないので窓口たつと二女が申請書かいてるあいだにカードをもって別の四女に機械操作頼み
0910
0914
300円
はやい
観光きくとパンフレットおしえてくれた 詳しいことしりたいなら 二階産業課と

外でポスト塗り替えてたから ちょっと話きいてみた とても感じ良い方だった


■愛知県幡豆郡吉良町役場
1000
役場目立たず
公民館大きいから

二女対応 カウンターの前にたって声かける寸前まできづかれず 隣の四女も無反応
申請書かいて渡す

その四女に呼ばれてパスワードうつ 暫く立ってその場にいたが 時間かかるようなのでと座ってまつ

苗字一字違いでよばれたのを勘違いしていくさっきの四女だったので
戸籍謄本の説明しだしたから違うとわかって申し出る
ああ違いますかと
再度呼ぶと別のひとがくる

私も大概人の顔わからんけどちょっと

同じ四女に呼ばれて支払う
1012
200円

観光パンフレット尋ねる
少し探して二女に聞いてから渡される
無口愛想なさすぎ

住民票キャラ化されてていいのに なくなるのが惜しい


●北星山宝幢院西福寺
さいふくじ
浄土宗西山深草派
三回ならしたがでてこない
本堂や敷地 工事してる
朱印はほぼまちがいなくあるはずたが 頂けず


●万松山勝楽寺(小山田地蔵)
ばんしょうざんしょうらくじ
曹洞宗
知らなかったが有名な寺らしい
若い親子連れあふれる 祈祷の日らしい
並んで待って朱印 丁度祈祷の前に住職から頂ける 忙しいからか終始無口で険しい表情 言葉も単語で 受付の四女通して
忙しいのだろう
奥の院 けっこう上った
有名な松は 枯れて伐採されてた 根らしきものだけおかれてる
朱印300円


●岩場古墳
疲れた
入口まずわからず ネットでの先人情報では 石碑があり 入口には 解説板もあるという
寺の敷地 トイレを横切るところが入口だった
ひたすらのぼる
迷う道多数 あとでわかるが 古墳の外周をそってるみちのようだ 紛らわしい
のぼりきって わからず左に かなりのぼってくちた展望台あり まだわからずさらにのぼって さすがにちがうやろと
右側にいってみると あっさりあった
寺の駐車場がみえる かなり登った


■吉良町立図書館
昨日わからなかったことを調べてコピー
めんどかったが来て良かった 色々知れた
コピー200円


●青鳥山真正寺
日蓮宗
吉良公の奥方関連
留守みたい 中に入れてパンフレットなどをご自由にと 朱印もらえず


●医王山正法寺
いおうざんしょうぼうじ
曹洞宗

くり尋ねると外から奥さんらしき五女
朱印押すだけとおもってたらしい かいたのでよいかと
読み方場所により色々あるからと

今日は暖かいんやろかなどと少し雑談
パンフレットなく古墳ののみ
朱印300円

●乙川白山神社
寺の裏にあり 無人
由来あり
なだらかに山のふもとから参道


●正法寺古墳
山全体かとおもってたら 山の上 ひろいとこにあった
近寄れないと思ったら近寄れた
登った
疲れた
形はっきり


●陣屋稲荷神社
小さいよくあるものかと思ったら 由来があった 元は吉良のじんやにあったものらしい


◆なか卯〜西尾店
和風牛丼 並280
今日 初の食事
冷たい茶だが風味よくうまい
他は若い二男たち
店員多分ひとり
券売機領収書ボタンひとつはなくて ひとつは壊れてた が 押せた

店内でなか卯牛丼は初かも
終日禁煙

ぬき加減は良い いとこんは要らんな
しいたけ風味した

券売機かった時点で注文厨房流れる

タグ
 
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close