新潟県新潟市西蒲区03。

ブログ | 2008/1/4 00:00
2008/01/04

 昼過ぎから始動。今日も独りで出発。十四時も過ぎてるんで、どれだけ観光できるかわからないが。昨日までに行けなくて心残りだったところへ行けるかどうか。というわけで、三日続けて越後七浦シーサイドライン、旧巻町へ。

(1)この三日間何度か往復した北国街道、目についていた寺があった。観光化されてないし、真宗大谷派らしいから寄ろうかどうか迷っていた。迷ったら行った方が後悔しないと、思い切って寄ることにした、景清寺。
 越後観音の霊場ということは知っていたので、朱印が目的。庫裏を尋ねるとおばあさんが出てこられた。お願いすると書いてくれるといい、その間本堂を参られたらということだった。朱印を書きながらか、観音様はその厨子の中にいらっしゃいますと声だけ聞こえてくる。なるほど、秘仏のようだ。当然、見えない。書き終えられ丁重に頂き、暫く話を伺う。
 まずは、観音様は数センチほどのほんの小さなもので、寺号の通り平影清という武将に由来するものだそうだ。本当は千手観音らしいのだが、何しろ小さいからか、昔は馬頭観音と思われていたようで、近隣の人もそのように呼んでいたとか。年に一度の御開帳日には遠くからも人々が訪れるとのこと。そのお姿を写真にしたものがあり、持っていると交通安全に良いとのこと。長いこと話し込んでたら、最後に頂けてしまった。私のような流れ者が頂いてしまって、何だか申し訳ない。
 おばあさんはどうやら正式な住職ではないそうだ。先代は既に亡くなっており、どなたも後を継がなかったもので、無住職の寺として存続しているそうだ。少ない檀家の法事には親戚のお坊さんが来てくれるとのこと。貧乏寺と笑っておられた。こんな状況だが、無住の廃寺ではなく庫裏にはご家族が住んでらっしゃるので、越後観音の札所として応対してくれているらしい。浄土真宗で札所というのは聞いたことないと言うと、おばあさんも、そうでしょう、よく皆さん驚かれますと。色々面白い話を伺えた。丁重に礼を言って去る。

(2)次は三根山藩庁跡。といっても、広い公園にいくらか石碑があるのみで、藩庁舎自体の遺構はないようだ。米百俵で有名になった長岡藩。その米百俵を贈ったのが、支藩であるこの三根山藩ということだ。米百俵の立派な碑もある。例の総理よりずっと前につくられたもののようだ。

(3)すぐ向かいには、藩校の入徳館跡がある。跡といっても、現在は野外研修場場として利用されているようだ。建物は元々入徳館小学校だったものだろう。とりあえず誰も居なかった。また、新潟市指定天然記念物の「旧入徳館小のたぶの木」がある。

(4)藩庁跡の案内板には、他に縁の地として三根山神社というのが近くにあるらしく行ってみる。着いてみると、三根山神社はあるのだが無人のようだ。すぐ隣に、峰岡大神宮という小さいながらも立派な神社もある。こちらは神職の方の住まいがあるようで、訪ねてみた。女性の方が出てこられ、快くご朱印に応じてくれた。この峰岡大神宮は、この地方の伊勢神宮の代理として機能を果たしているとのこと。隣の三根山神社は三根山藩の神社とのことで、一緒に管理されているようで、そのご朱印も一緒に頂くことができた。
 狭い敷地ながら庭園や立派な舞殿もあり風格を感じさせる。

(5)すぐ隣の三根山神社。こちらの方が敷地は広いのだが、特に説明書きもないので、何も知らないと普通の神社と思ってしまう。ただ、敷地内で丘のように盛り上がっていて木が茂っている部分があり、何かの跡なのかもしれない。既に16時半近くになって暗くなりつつもあり、登りはしなかった。三根山藩牧野家との由縁はなんだったかよくわからずじまい。

(6)では、いよいよと、新潟市西蒲区役所へ向かう。三日間の観光記念に、広域交付住民票を発行してもらおうと。窓口に尋ねると、今日は新潟市全域でメンテナンス中で、住基ネットを落としているとのこと。申し訳ないが、また月曜以降にお越し下さいと、申請用紙だけ渡される。次に来られるのはいつになるやら。がっかりして去る。

 日も暮れて戻る。短い時間で朱印は三つ。満足。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close