埼玉県北葛飾郡栗橋町。

ブログ | 2008/1/15 00:00
2008/01/15

 旅好きな友人が、今期は18きっぷが二日分余るというので、買い取った。二日間でどこへ行こう。とりあえず、ポストをマッピングしていて気付いたのだが、埼玉県と群馬県はあまり観光していないようだ。そういうわけで、独りで行くことにする。どうせなら、ポスト未マッピング率が高いところで降りよう。

(1)前日よりMLながらに乗り、五時前東京着。まずは西川口駅へ行く。ここで久し振りに会う友人夫妻と朝食をとりつつ、18きっぷを売ってくれた代金を払う予定。
 駅員に改札印と下車印をお願いする。丸い印は見つからないのか、四角いのでと。本当に下車印がないのかなあとも思ったが、まあ、以前貰ってるだろうしいいかと流す。まだ夜も明けきらない西川口駅の東口、改装後は初めて見るかも。

(2)下調べしていた時間つぶし用の漫画喫茶は西口だったが、東口にもあるようなのでそちらへ行くことにする。一応の禁煙席もあり、まあまあ良い感じ。友人夫妻が駅に着くまで一時間ほど待つ。

(3)約束の七時になったので外に出る。少し遅れて着きそうだというので、その間に近くにポストがないか探す。どうせこの辺のはマッピング済だろうなあと思いつつ、二つ見つける。後で知ることになるが、このうち一つは何と未マッピングだった。そういうこともあるもんだ。

(4)ともあれ、10分ほどして友人夫妻が自転車で登場、合流。奥方=友人MPが前から目をつけていて、入りたかったという珈琲屋へ行く。モーニングのパンがお替りし放題という。着いたが、七時半オープンらしい。仕方ないので店の前で二十分ほど喋りながら待つ。
 MPの話では、以前はもっと食べ放題をアピールしていたとのこと。だが、今はそのうち消えそうな扱いになっていたが、食べ放題というか、食パンとかのお替りし放題はやっていた。パンを何枚も食べながら久し振りの近況報告、旦那=旅人CMにお金を払ったり、勢いでポストマップの話をしたりする。案外ウケが良かった感じだが、まあ、やらないだろう。
 私は急ぐ旅でもなく、CM達も用事は午後のようでのんびりと、11時まで歓談する。

(5)駅でCM達と別れ、今日の目的地、栗橋駅へ向かう。ここはマッピング率の高い埼玉県にあって、数少ない空白地。駅員は親切な方で好印象、下車印も無事に貰える。駅は思っていたより立派で新しい感じ。東武との共同駅らしい。駅前ポストを早速取得。

(6)駅前すぐに、静御膳の墓はある。敷地は広くないが、立派に祀られている。手水場まである。由来、解説は詳しい。地元、自治体に大事にされているようだ。整備されて新しい感じがする。

(7)あっという間に昼を過ぎていた。栗橋町役場へ向かうことにする。まあまあ遠い道のりを、なるべくポストがありそうな道を歩くが成果はゼロ。二十分強で着き、記念の広域交付住民票を発行。観光パンフレットがあったのでもらっていく。なんと栗橋は七福神ならぬ八福神霊場がある。下調べで知ってはいたが、観光パンフレットがあるほどとは思っていなかった。歩いて行ける範囲にはあるが、何しろ時間がないので、今回は下手に行かないことにする。いつか行きたい。

(8)栗橋郵便局着。ここまでも、ポストがありそうな道をと歩いたのだが、ゼロ。まあいい。気をとりなおして旅行貯金。貯金担当局員、印を押すのは緊張するからか疲れると苦笑。風景印も貰えるには貰えたが、郵便担当は一人だけで、5,6人並んでて、急がないと待っていたら二十分くらいかかった。しかも、ゆうゆう窓口には安い年賀葉書があると掲示されていたのに、この郵便担当局員に言っても通じず、普通の年賀葉書しか買えなかった。ゆうゆう窓口とここまで業務が違って、知識も違うものなのか。

(9)向かいのコンビニで簡単な食事。店員の女性、物凄く感じがいい。ローソンパスに楽天クレジットを出すと、ローソンパスのポイントを楽天ポイントにも変えられるのご存知ですかと。知らなかった。あんまり感じがいいので、断りをいれて、店内ポストを撮影させてもらった。取集時刻の表記がないので尋ねた所、明確にお答え頂けた。最後には、ご苦労様ですと送り出され恐縮する。

(10)八坂神社を目指し、細い道を歩いていると、由緒ありそうな地蔵堂を見つける。子育地蔵尊とある。今から250年前から安置されていて、地元民に大切にされてきているっていうのまではわかったが、それ以上の伝承がわからず残念。

(11)ついに見つけた。一号角型初期型。これはマッピングされていない。

(12)八坂神社。結構広い境内。一段高い所に、摂社、末社、本殿や受付がある。受付に声をかけるが誰も出てこられないので、社務所へ。社務所にはおばあさんが出てきたが、受付に居るだろうと、また受付へ。強めに呼ぶと、おじいさんが出てきて朱印を無事頂けた。
 拝殿の彫が見事。変わってるのは、狛犬ならぬ狛鯉。私が境内に居る間、近隣の方々だろうか、子連れで四組ほど参られては帰っていかれた。崇敬篤いんだなあと感心。

(13)すぐ近く、利根川の堤防に、栗橋関所跡はある。割と詳しい解説板はあるが、碑を残すのみ。

(14)下調べで、電話番号を持つ神社で行けそうな所は駅の西側にある。一先ず駅まで戻り、自由通路を通って西側に出る。やや歩き、千勝神社へ。残念、無人。無人だが、摂社、末社が少しあり、本殿が赤く彩色されていたりと珍しい。学生の下校時間らしく、ひっきりなしに、境内を横切っていく。どうも近くに中学だか高校があって、駅への最短経路がこの神社内を通過するものになるようだ。

 キリが良かったので、予定より少し早いが栗橋観光を終える。駅から次の目的地、横浜は関内駅へ。数年ぶりにあう友人HSとの待ち合わせ。

(15)18時前に無事合流。HSの若干の見た目の変化に驚きつつ、下調べしておいた和民へ。和民は禁煙席があって安いのでお気に入り。HSと知り合って随分になるが、二人で飲むのは初。飲み食いして楽しかったが、あまり遅く帰すわけには行けないと、23時前には関内駅まで送り返した。

(16)カプセルホテルにチェックイン。ここは驚くほど激安。駅からも至近。良かったら今後御用達となるのだが。果たしてどうか。
 ベッドの側面が空いているカプセルは初めて。たったそれだけの違いで、落ち着かないものだ。で、やっぱり、コンセントは無い。カプセルは安価だが、コンセントが無いというだけで、かなり弱ってしまう。
 明日はそれほど早く出る気も必然もないが、風呂入ったらすぐに寝てしまった。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close