縦。

ブログ | 2010/2/10 18:33
 切手が要るので、職場近くの郵便局に行く。日本郵便の支店も併設してる大きな局。

 いつも記念切手を買う。都道府県のシリーズがあって、気にいっているのだが、つい最近発売されたらしい奈良県はあったのだが、ちょっと前に発売された、栃木県だか茨城県だか(曖昧)がもうないようだ。一通り選んで会計時に、それがもうないのかと尋ねてみた。局員も記憶があるようで、

「群馬県のですか(曖昧)?」
「少々お待ちください、(ここには無いようなので)他の局に聞いてみます」

 そこまでしなくてもいい気がしたが、他に局内に用事もあったので、じゃあ、それでとお願いする。
 すると、電話で次々に聞いてくれてる声が奥から聞こえる。いや、やっぱりそこまでしてもらわなくてもと思ったが、まあ、いいかと待つ。
 ちょうど別件が済んだ頃に、

「○○郵便局(隣の市の大きな局)になら在るようなので、取り置きしておきますか?」

 私は、さすがにそこまでわざわざ買いに行く気もしないんで、丁重にお断りして礼を言う。色々聞いてくれてたみたいだが、隣市の普通局にまで聞いてくれてるとはすごいなあを感心。

 もう一つ別件をすませ、帰ろうとしてるときに、先程の局員がまた声をかけてくれる。

「隣にある(併設してる)郵便事業の方にあるみたいなんですが、どうしますか?」

 申し出に驚きつつも、「日本郵便の支店の方にはあったということか?」と尋ね、そうだというので、「なら買う」とお願いする。手間がかかるようで、そこからしばらくまたされ、無事に茨城県の切手をもらう。

「領収書はご入用でしょうか?」

 会社で使うものなので当然要る。これまた結構またされ、渡された領収書は、ホテルでもらうようなA4サイズのもの。日本郵便の方でも切手を買えることはわかったが、郵便局内で買うように、すぐにレシートが出てくるようなものではなく、結構面倒なんだなと学ぶ。

 それにしても、自局に居る日本郵便より先に、隣の市の局のが尋ねる優先順位は上なんだな、さすが別会社と無駄に感心させられた。

 いずれにしろ、私のために結構な時間を費やしてくれた局員さんにお詫びしつつ感謝致します。

http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/...
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close