【旅】2010/12/04愛知県名古屋市中川区

ブログ | 2010/12/4 06:50
六時起床。支度整え、昨晩用の弁当食べ妻子寝てる中出発。案外すんなり起きれた。
メインは友人との昼からの忘年会。それまでを観光する。

■駅
徒歩寒かった 近鉄ふしやの切符あるかたずねるが あーないわと かわりに途中駅まで

★列車
朝日眩しい
人多いが静か
学生のってきて騒がしく

■駅
一度出る
窓口でなんかきれてるおっさん いいとししてる 四男か
券売機クラブらしい学生がたっぷりいて焦ったが マナーよく 声をだしあって 一ヶ所あけてくれた

★列車
狭いがあいていたとこに座る
寝る 着く前に覚める

■蟹江駅
随分ホームのまえのほうに
寒い
普通乗り換え
普通乗り換え多分初

★蟹江〜伏屋
すいてる 左側ロングの端に
あっという間

■伏屋駅
改装中らしい
五男駅員快くあーいーよと
無効印駅名小印応じてくれる

●雲龍山無道密寺宝蔵院
うんりゅうざんむどうみつじほうぞうみついん
真言宗ちざんは

境内ベンチあったりでやすみやすい
紅葉に桜?
掃除してる人にきくと 印だけ押すように案内されたので 墨でかいてもらえないか尋ねると 住職よんでくれた

四男住職 面倒がらずに 由来などもはなしてくれた ここに来て十年と
昔は旅人にただで宿を提供してた
すると みんな ありがたがって頭を伏せてとおるようになった
伏せ屋根
伏せ屋
伏屋と



●前田城
現在は寺に としいえが 七歳までここにいたと

境内目立たず碑を残すのみ


●岡部山速念寺(前田速念寺)
おかべさんそくねんじ
ほうおんこうをやってた 受付に言うと朱印わからぬようで 見せて6女寺の方呼んでくれた 時間かかりますけどいいですかと
境内みるからお願いしますと

受付男性 どこか休憩をといってくれたが境内みる

変わったカブトの本堂にひかれてはいってみた
パンフレット一部だけ
丁度人がきたのでもらっていいかと
終わって朱印もらうと 特別にとお供物もくれた
どちらからで三重というと予想外に驚かれた
女性解説もしてくれた
山号はあまりつかわないと
18代目は今も参拝しにくるそう

おくにいた感じよさそうな7女もまたきてくださいねと 今日は幕で綺麗に飾ってあると


●医王山龍潭寺
いおうざんりゅうたんじ
曹洞宗
掃除してる人 玄関へと

インターホン押すと 7女と 若い僧が
朱印聞くと はんだけならと
普段からそうかと聞くと
そうだと

暫く私をおいたまま 二人で何やらはなしてる どうも よその寺の僧らしい

先に僧が帰り 朱印お願いする
やけに時間かかると思ったら ちゃんと すみがきもしてくれた
住職いないのでと いいつつも
ひょっとしたらかいてくれるのかも 最初にうまく伝わらなかったらしい

パンフレットは立派なのを100円
どこからと聞かれ
三重と
姑の実家が 磯山と
さっきの前田の寺もよくしってるよう あそこはちょっと前に住職なくなったと
うちも一年前につれあいがと

慣れない土地だから気を付けてと何度も

墓場 有名な俳句の人のがあるらしいがわからず
掃除の人もわからないから 中にきいてと


●斎宮社
無人
意外と出入口は一つ 会社と倉庫の間が参道入口


●打出神明社
ここも細長い境内だが北側から入れず
近所の人がまいりにくる
境内一部 貸し駐車場のよう
落ち葉がたくさん

耐震済み


●雨宮神社
広い 公民館が境内に
丁度拝殿の内外掃除してる

まっしゃの規模も大きい
手水が新しく綺麗

拝殿の彫りも立派


●如意山常楽寺宝珠院
にょいさんじょうらくじほうしゅいん
真言宗ちざんは
大きい
インターホン押すと六女が
丁寧穏やか
よんしゅるいも
嫌がらずにかいてくれ
どちらからと
昨日も三重の方大勢きたと
三重は遠い印象らしい

他の七福神の霊場の話も少し
境内広いが本堂にみんないるのか 確認忘れた
タグ
 
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close