タグ: いなべ市 を抽出しています。
Total: 2

三重県四日市市~員弁郡東員町~いなべ市。

2009/4/5 23:59
2009/04/05

(1)昨日仕事帰りのまま、うちに泊まったIK、朝八時半に千葉から着いたTT、私と妻子でモーニングへ行く。先日もこのメンバーで折角行ったのに、終わっていた店へ再挑戦。
 着いても予想以上に混んでおり、かなり待たされる。一時間は待ったかもしれない。元をとるかのように食べ放題のパスタやピラフなどを満腹になるまで。

(2)そのまま、私の本日の主目的、猪名部神社の大社祭へ行く。目当ての上げ馬神事は13時からということなので、12時頃に会場へ着く。いつもがらがらな陸上競技場の駐車場が解放されている。観光下手なこの町は、そういったアナウンスがされていないので、現地の地区の方に事前に教えて頂いてたので助かった。

 上げ馬神事とは、高校生くらいの乗り子が馬に乗り、駆け、土壁を上るといったもの。成否で豊作を占うもので、多度大社の方が有名だが、こちらの方が百年以上古いらしい。だが、完全に地元密着型なんで、知名度は全然及ばない。

 思ったよりもすいており、馬場が緩やかにカーブしていて、壁が正面に見える地点に陣取る。だがここから壁までは結構遠くて、肉眼では厳しい。厳しいが、壁近くには棚と呼ばれる観覧席があり、地元の方や競り落とした方々の専用席となっている。私たちのような当日来てみたというような観光客が見るにはこれくらい離れた場所が限度。ただこの場所は、馬や乗り子が待機しており、近くで見ることができる。ここでMPと子供と合流。
 上げ馬神事の前に、乗り子と馬は順番に、馬場を駆けて戻ってくる。まだ坂、壁には駆けあがらないよう、地区の青年団が人壁を作る。これを合駆[あいがけ]と言う。多分。

 13時、音のみの花火が上がり、上げ馬神事が始まる。といっても、すぐに馬が駆けあがるわけではない。まずは、青年団が肩を組みながら祭り歌を歌いながら、馬場を壁とは反対方向に歩いていく。続いて、乗り子と馬。どこへ行くのかと思えば、遠まわりして、壁の上にある神社でお参りをするようだ。見に行ってないのでよくはわからない。

 随時、放送が流れて解説が入ったりはするのだが、境内に居ないと聞こえない。即ち、一般の観光客にはさっぱり声が届いていない。こういうところも、なんだかなと思う。
 祭関係者がすっかり神社へ行ってしまってすっかり誰もいなくなると、無法地帯に。馬場にロープを乗り越え観光客が入り込む。いいのかもしれないが、私たちは入らなかった。

 いよいよ上げ馬神事。だが、前述のとおり、馬場には観光客がいっぱい入り込んでいる。どうやら、私たちの目の前を馬が駆け抜けて壁に挑むわけではなく、助走距離はもっともっと短いようだ。それでも、近づき過ぎてもどうせ壁は見えないので、動かず我慢する。我慢ならないのは、肩車する親子。子供が見ているならまだしも、全然見てない子、物心もついてない子も頭上にあがっている。結構遠く離れているわけで、一組肩車親子が壁と重なると全く見えない。これには参った。とにかく、望遠でなんとか撮り、見られた。

 一頭目、花馬と呼ばれるのは、松ノ木地区。成功。あがる瞬間を撮るのに一生懸命で、軽々と上ったのか、苦戦したのか覚えがない。

 二頭目、多分、長深地区。頭上で動画を撮る。壁前で失速、失敗かと思われたがなんとかもがいてもがいて、成功。多分、成功扱いになってると思う。肩車、邪魔。


 三頭目、多分、北大社地区の一頭目。軽々と駆けのぼり、見事。なんとか撮れて良かった。肩車と前の人で見られないところだった。


 残り三頭、ここで境内に移動して、上がった後の様子を見に行くことにする。見事坂を駆け上がった乗り子は、扇を広げて祭り歌を歌うと事前に学んでいたので、それを見に行くことにする。境内も勿論人でいっぱいだが、案外前へ近づくことができた。

 四頭目、多分、北大社地区の二頭目。動画で駆けあがった瞬間から、歌を歌うところまで撮れた。動画だとよくわからないが、みんな嬉し泣き。地区が一丸となって、長い間練習、準備をし、この一瞬を迎える。乗り子は壁への恐怖に打勝ち、一生に一度(乗り子への選出は多分一生に一度、壁への挑戦は二日間で計三回)の栄誉を称えられる。そんな雰囲気がすごく良かった。これは坂の下で馬があがる瞬間を見るよりも、価値があるものが見られた気になった。良かった。
 ちなみに、動画は歌が途中で切ってあるが、前に居た親娘の頭や声が、乗り子や歌よりも目立つようになったので割愛。一番前に居るのに、柵に上らないで欲しい。地区の人なんだろうけども。→多分地元民ではなかろうと地元民の方の予想。

 五頭目、多分、南大社地区の一頭目。あがった瞬間を撮影、歌を歌うところから。乗り子の父親らしき方が、嬉しそうにみんなに酒を呑ませているのが印象的。→馬主さんだそうです。

 六頭目、多分、南大社地区の二頭目。本日、いや、本年最後。残念ながら失敗だったようで、乗り子だけ、地区の人に背負われて去って行った。怪我をしたわけではなく、乗り子は地面を直に踏むことが禁じられているため。

 祭は流鏑馬神事などまだまだ続くのだが、今日集まった友人達の主目的は花見なので、花見へと移る。来年以降、いつか全部見てみたい。

 16時過ぎで花見スタート。やや寒いが満開。ここはトイレにちょっと不便だが眺めは素晴らしい。十分飲み食いして、18時過ぎにMPが帰り、19時前には暗く、寒くなってきたので家に戻って続けた。20時半にIKが帰り、TTはうちへ宿泊。疲れているにも関わらず日付を越えて飲食は続いた。

三重県いなべ市~桑名市。

2009/4/3 23:59
2009/04/03

 今日は普通に仕事。何にも予定がなかったが、妻には子供を定期健診かなんかに連れて行くという予定があった。仕事が終わり、家に向かっている際に、「家の近くの桜を車から見ている」とメールが入る。普段家に引きこもりがちなのに珍しい。子供の検診を終え、満開の桜を目にして気分が高揚したのだろう。
 迎えに行くと、気分がいいのでどこかドライブしたいと言う。それならばと、日が暮れかけていたが、思い付いたところがあるので行ってみる。

(1)天皇山勝泉寺。地元では有名なしだれ桜の寺。17時半頃、なんとか陽がある。私だけかつて二度来たことがあるが、去年は散ってしまった後だった。境内に目立つ桜は三本あり、どれもちょっと散り始めといったところ。ここの桜は普通の桜より早いため。まずは本堂に参拝、これは私も初。ちなみに、朱印は貰えるかどうか聞いたことはない。真宗大谷派なので多分難しいだろうが。
 本堂左の桜、入口の桜は結構散っていたが、庭園の桜が見事だった。数年前、観光客を眺めていたおばあさんの姿は見られなかった。うちの祖母と話が盛り上がっていたことを思い出した。
 駐車場の近くで近所の親子がキャッチボールなどして遊んでいる。子が親に、「すごいよ、さっき、新潟ナンバーがあったよ!」と、いうようなことを言っていた。うちのだ。休みの日には、県外からも来るのかもしれないが、我々は同じ市内より。勿論、感動を壊すようなことはわざわざ言わない。
 前回気付かなかったのだが、入口に「左150m先に枝振りの良い垂れ桜あり」という看板があったので、境内を出て歩いて行く。

(2)すぐにわかった。確かに立派。近づくと、墓がある。どこかの一族だけの墓なんだが、どういう理由でこんな場所に、見事な桜と共にぽつんとあるのか、気になった。気になったところで、由来はわからないが、桜は見事。日も暮れてきて花見終了。

(3)その勢いで外食へ。発作的に餃子を食べたくなったので王将へ。王将では餃子しか食べる気がしなかったから、餃子を六皿分くらい頼んだ。さすがに満腹になった。これで、スーパードライじゃなかったら、もっと行くのだが、やっぱり口に合わないから、飲みず残すことになった。食べてる最中、持ち帰り客が頻繁に居た。一番いいのは、餃子だけ持ち帰って家で食べるのがいいのかもしれない。禁煙の癖に、店内の待合所が喫煙可で煙草臭い店内で我慢しなくて済むし。この決意を覚えておくための覚書。
前 | 1 | 次

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close