タグ: 福井市 を抽出しています。
Total: 3

福井県福井市03。

2009/4/11 23:59
2009/04/11

 三日目、最終日。今日の目的は、一条谷朝倉遺跡。なんとか九時前にはチェックアウト。

(1)時間が勿体ないので、コンビニで朝食を済ませようとしていたところ、妻がコロプラ内で松屋の牛めしが安くなっているという話題があったと言う。信じて、探して着く。ドライブスルー。いざ頼もうと、掲示されているメニューを見るも、そのような記述が一切ない。仕方なく、豚めしを。驚いたのは、丼としてご飯の上にのせるか、別に分けるかを尋ねられたこと。私はつゆぬき派ではあるが、分けて食べるのもちょっと違うんで、丼で。勿論運転しながら食べづらいというのもある。
 店を出る時に、牛めし300円の幟を見つける。遅い。というか、ドライブスルーのメニューにそのことを記述しておいて欲しかった。

(2)一条谷朝倉氏遺跡資料館へ。ここでは、別の場所にある復元町並との共通券を買う。ベビーカーの貸出をしているのを知っていたので頼む。受付の人、滅多に貸し出さないのか、まず、埃を拭き取っていた。立派な、寝かせることもできるタイプのもの。これが大いに助けになる。なかなか館内でも声を発するので、外に出ては落ち着かせ、資料を見ての繰り返しだったが、妻の姿が視界に入らないと声を発しないことを発見、そのうち寝てしまった。
 ようやく、じっくり落ち着いてみることができた。広い一室だけで、思ったよりも時間がかからなかった。展示内容は満足だが、もうちょっと歴代当主それぞれについての記述が多いと感情移入しやすいかなと。室町の山城時代に城下町があったというのは驚きだが、どういう統治をしていたか、政策は、領民の反応は、なぜ、一向一揆が頻繁に起きたのか、相次ぐ一族の謀反の理由などは知りたかった。室町の、滅亡した一族の話なんで、そういう資料が乏しいのかもしれない。それとも、歴史資料館じゃなく、遺跡の資料館なわけで、求めるものが違うのかも。

(3)次は西山光照寺跡。この寺が福井市内に移転して現在あるのが、福井大仏のある寺。そちらの方には二度ほど訪れたことがあり、朱印も頂いてる。その時以来、元々は一条谷にあったと知り、訪れたいと思っていてようやく叶う。
 大きな石仏が数多くの残されている。その他は池の跡、地下倉庫や溝の跡くらいしかない、観光客も少なく静か。一人だけ、絵を書いている人が居た。風が吹く度桜吹雪が舞う。非常に良い雰囲気で満足。

(4)朝倉氏遺跡入口に、案内板があるのに気づいて停める。下城戸と呼ばれる、谷の入口を塞いだ城壁のようなものだった。実際に、城跡の入口によく目にするような、大きな石で組まれている。

(5)資料館で貰ったパンフレットに、近くに「三体仏」というのがあるらしく探す。探してるうちに、由緒が掲げてある、古そうな神社を見つけるので、ちょっと寄ってみるつもりで、私一人で見に行く。ちょっとのつもりだったが、拝殿、本殿まで少しのぼる。想像以上に立派で驚く。市指定の文化財だった。神社そのものは、950年くらいの歴史があり、朝倉氏よりもずっと古い。朝倉氏は初代から崇敬していた神社とのこと。
 降りる途中に、宮司宅らしきものを見つけ、訪ねてみる。朱印はやっていないとのこと、残念。

(6)神社を出てすぐ、民家の隅に石仏があるのを見つける。これが三体仏なのかわからないが、車を停車させられるほど広い道でもないので、車中から撮る。後でwebで調べたところ、これがパンフレットの地図が示す三体仏で間違いないようだった。

(7)もう昼を過ぎている。昨日見かけた店に入る。朝倉そばという聞いたことのないものを売りにしている。朝倉そばはてんぷらそばのようだ。妻が頼んだ。私は、一条谷そばにした。一条谷そばは、わざわざおろしそばと書いてあったため。平麺でぬるっと弾力のある感覚。

(8)14時頃、ようやくの復元町並へ。GPS付きのガイドを頼めば無料で貸し出してくれる。これは、復元町並から外に出ても使えるそうだ。ただ、16時過ぎまでに返しに来なければならない。
 町並みはすべてが復元されているわけでなく、メインのストリートと、いくつかの民家、武家屋敷。復元されていないところでも、間取りだけ平面で示してある。立体で復元してある民家には中に入れるんだが、変わったことに、どの家も中に井戸がある。外にもある。この、どの家にもそれぞれ井戸があることが特徴らしい。
 色々推定、想像で復元されているところもある。長屋の角の家は、広いし二辺で道路に面しているから、商家という設定にしましたとのこと。それっぽくイメージして作ってある。こうまで、想像で、設定で、作ってみましたっていうのも珍しい気がする。腑に落ちない感じもしないではないが、面白いか。
 復元された武家屋敷、敷地は広いが屋敷はそれに対して広くない。そう感じるのは室町の武家屋敷の復元なんて初めて見るからかもしれない。中ではマネキンが将棋を打ったりしている。なんでも、出土したものの中に将棋があり、酔象という現在では使われていない駒もでてきたということらしく、それに因んでるんだろう。また、土間では絵ハガキなどを売っていたので購入する。
 最後に南入口でビデオを見て外に出る。もう16時前。

(9)ガイドを返さなければならない。昨日も行った唐門へ行き、説明だけ聞いて私一人で返しに行く。戻って妻が言うには、疲れたのでまたの機会に他のを見ようと。それなら、スタンプラリーの景品の引き替えもしたいので、五月上旬にまた来るかと。館跡に庭園跡に瓜割清水、一番見たかった一条谷城跡などなどを。妻がやけにすんなり、福井再訪を承諾するもので、理由を尋ねると秋吉が気に入ったらしい。納得。

(10)後は帰るだけだが、帰る前に、ヨーロッパ軒へ行くことで二人の意見は一致。福井ICから近くて行ったことのない店舗、花堂分店へ。ヨーロッパ軒は店舗ごとでメニューが結構ばらつきがある。この店舗はカツが三種類入っている丼はトリオ丼といい、味噌汁もついている。いつもどおり、ご飯にソースはかけないように頼む。カツにはたっぷりとソースがついているというか、中にソースが入っいて、一口噛んだらズボンにこぼれおちるほど。それでも美味しく頂けた。
 ここも何も言わずとも子供皿を持ってきてくれたり、子供に何度も微笑みかけてくれたりで感じが良かった。

(11)福井ICから乗る。どうせ眠くなる私ではなく、妻の運転。途中、子が騒ぎだしたので、神田パーキングエリアへ寄る。妻はなぜかしきりにソフトクリームが食べたいと言っていたが普通のしかないので、買わずに済む。また、積極的に集めていないドラえもんのスタンプラリーも押しておく。

(12)少し寝たこともあって、私が運転を変わり、続けて伊吹パーキングエリアに寄る。普段、こんなにPAに寄るのを嫌う妻なんだが、よほどソフトクリームが食べたいらしい。だが、残念ながら、ここも普通のものしかなく、結局買わず。また、積極的に集めていないドラえもんのスタンプラリーを押す。なんとこれで、五つ揃ってしまったので、売店の店員に尋ねて出す。何が当たるかは未だに知らない。ちなみに、この女性店員さん、子供が好きらしく、うちの子を抱きたそうな仕草をしたので、レジカウンター越しに渡す。店員さん宅にも小さい子が居るらしく暫く話す。年齢から考えて多分孫だとは思うが。それにしても、子供抱えてるだけで、こんなにも見知らぬ人が笑顔で絡んできてくれることに驚く。赤子は偉大。

 21時過ぎに関ヶ原IC、無事に休日特別割引、千円の恩恵を受ける。珍しく主目的が全て果たせた旅。

福井県吉田郡永平寺町~福井市02。

2009/4/10 23:59
2009/04/10

 二日目。今日の目的は、「桜の名木スタンプラリー」をして色々桜を見て完了すること。

(1)まずは遅い朝食として、越前そばを食べることにする。なかなか10時くらいに開いているところがないので、ネットで調べて行く。店内に入ると同時に元気よくいらっしゃいませと迎えられる。電気がついてなかったから最初の客かもしれない。注文をとりにきた女性店員は、うちの子を見て可愛いと言って、そこから暫く子供に関して雑談。昨日に引き続き、歩きだしたらもう、もっと大変と言われる。
 おろしそば、冷たくて美味しい。大根おろしは辛くなく、どちらかと言えば甘め。言えばくれたのかもしれないが、そば湯はでなかった。なんにしろ、接客も暖かくて気持ち良かった。

(2)最初の目的地、興行寺。浄土真宗っぽい大きな本堂、広い境内、駐車場。ここの桜は庭園にあり、この時期は一般開放されているという。庭園に寺の人が居るかもしれないと少し行ってみるが、写真を撮っている観光客が三人ほどいるだけだった。結局、庫裏を訪ね、女性が応対してくれた。驚いたことに、朱印が頂けるとのことで、お願いする。浄土真宗で、しかも本願寺派で朱印を頂けるところは珍しいため。パンフレットも頂け、山号などをお聞きすると、少し詳しい話もして頂けた。詳しくは省くが、浄土真宗の五代目門主の三男が開山とのこと。次男は藤島の超勝寺の開山と。藤島の超勝寺とは、うちの母方の菩提寺でよく行くので、縁を感じつつ驚く。最後に、華の蔵と呼ばれる資料館について聞くと、「普段から常時開放しているわけではないが、言ってくれればすぐに開けます」とのこと。桜を見てから是非見せてほしいとお願いし、快諾して頂く。非常に丁寧に応対して頂け嬉しかった。
 一旦車に戻り、子の世話をしていると、先ほど庭園に居た五十代くらいの男性、立派なカメラをしまって帰るようだ。新潟ナンバーに驚いたようで、ちょっと話しかけられる。実際は三重から来たというと、つい最近、奈良の吉野の桜を撮りに行ったと聞き、有益な情報を教えてくれた。いつか行ってみたいなあという気持ちが高まった。
 本堂前で「荒川興行寺のシダレザクラ」のスタンプを押す。本堂を参拝しようと思ったが、残念ながら戸は開かなかった。
 いよいよ庭園、桜。風が吹く度、桜吹雪。池に散り、美しい。庭園の雰囲気に見事にあっている。これはいいものが見られた。順路があり、庭園を一周できるようになっている。庭園の外にあった参拝名簿に記帳。記帳台、ものすごく暑く、長々と感想なんか書いていられない。今日は昨日以上に暑い日になりそうだ。
 華の蔵、インターホンで呼んで開けてもらう。その際、桜はもうかなり散っているところだということをお聞きした。充分綺麗だったので、そんなふうには思わなかった。入館料に一人三百円。まずはシアターに案内され、そこで寺の簡単歴史や、イメージ映像のようなCG集を見る。その後は自由に観覧。二階は仏像の収集、各国の古い仏像があり、それぞれ国の個性がみられて面白かった。一階は、福井における浄土真宗、蓮如の話など。まつわる昔話のビデオなどもあり。ちょうど良いくらいの量だった。ちなみに、中はびっくりするほど涼しい。むしろ、寒いの一歩手前。今日が特に暖かく感じるため、気温差は結構あるのでは。見終わり、インターホンでお礼を言って去る。

(3)次の目的地、一乗谷朝倉氏遺跡。かつての永平寺有料道路を通った方が早そうなので通る。というか、ここが無料開放されてるのは、昨晩初めて知った。私の地図ではもちろん有料道路表示。最も、永平寺まで列車が通ってるような地図なので仕方ない。以前永平寺に来た時にはおそらく有料だったと思う。とにかく、ありがたく、無料通行させて頂く。
 どうでもいいが、webで検索すると、「本日営業中!」と書いてある、永平寺有料道路の公式ページに行けるのはどうかと思う。もちろん、トップページからはたどりつけないのだが。まあ、なくなったらなくなったで寂しいけども。

(4)一乗谷朝倉氏遺跡に。さすが、有名観光地だけあって観光客もまあまあ多い。復元町並の入口の近くに「朝倉氏遺跡唐門の薄墨桜」のスタンプを押す。これで、めでたく全て揃った。
 少し歩いて唐門、薄墨桜へ。入ろうと思ったら、テレビ局が居る。福井放送のようだ。レポーターが練習していたり、シンセサイザー、横笛、鼓を演奏する人々など、中継に向けてか練習している。が、特に立ち入りを規制されているわけではないので、隙をみて中に入る。ここの桜は、これまで見てきた桜とはちょっと趣が違って、門の外から、門とセットで見ることにより映えるように感じた。多分、このラリーを主催している団体は、そもそもここ、朝倉氏遺跡で行われる、植樹祭のための広報活動の一つのようなので、ここに来てもらうのが真の目標なんだろうなーと思ってみたり。
 もう16時過ぎ、屋敷跡内部や近辺をじっくり見たいがとても見切られない。妻が明日、また来てゆっくり見てもいいというので、写真だけ撮って去ることとする。ついでなんで、リハーサルをやってるテレビ中継を少し見てから帰る。声がよく聞こえるんだが、レポーターがしゃべるセリフって固定してないんだな、言うたびに若干変わってるなーと感心。

(5)18時にホテルに戻り、秋吉で焼き鶏が食べたいという妻に従い、歩いて行けそうな、NEW秋吉ワシントン店へ、福井城の外周の遊歩道を歩いて行く。
 途中、実はこの旅で見れたらと期待していた、福井城の復元、御廊下橋を見る。かつて、二回ほど福井城跡は訪れたことがあるが、この御廊下橋は復元されたばかり、初めて見る。私は、御廊下橋復元の報を聞いた時、城跡に県庁なんかを建ててしまってるような福井県が、こんなふうに復元の動きが出ていることに驚きつつ、大変喜んだ記憶がある。次は櫓の復元を目指しているらしいがぜひとも頑張って、四層六階の立派な天守閣まで再現して欲しい。生きてる内に。
 御廊下橋、往復する。実は一番驚いたのは、スムーズに開閉する、窓。

(6)NEW秋吉ワシントン店へ着くが様子がおかしい。尋ねると、予約でほとんど埋まっていると。諦める。諦めて、妻は帰ろうとした、もう少し歩けば、片町にも店舗があったはずと、行ってみることに。

(7)秋吉片町店。すでに満席のようで並んでる。少し待ってみる。子連れだったもので、店長らしき男性がしきりに気を遣ってくれる。座敷がいいだろうという風にすすめられていたが、結局空きそうにないので、カウンターでも良いかと。店員が既に座っていた客を少しずらしてくれ、カウンターの角の席に。若干、子を見ながらでも食べやすくなった。
 焼き鳥、安くて美味しい。そして、なぜか、ここのスーパードライはまずくない。だが、忙しいせいか、二度ほどオーダーが通ってなかった。まあ、いいけども。店長らしき男性はその後もうちの子について、「これだけ騒がしくても泣かないねー」などと愛想良く話しかけてくれた。どれだけ食べても満腹にならない気がする。ビールも普段は飲まない、三杯ほど飲んだ時点で出ることに。途中、子が、気づかぬうちに隣の客にちょっと触れたようで、それをきっかけに、嫌がるどころか、隣の男女客は子を可愛がって帰って行ったということもあった。どこでもだれでも可愛がってくれる時期って凄いなーと感心。
 食べてる間に気づいたこと。回転が早い。居酒屋という感覚より、ファーストフードの感覚に近いのかもしれない。客層は老若男女、小学生ぐらいの子連れも割とよくみた。一人の串消費量がすごい。平気で何十本になっている。

(8)二人して一致した意見、満腹じゃないから何か食べてもいいか、いや、むしろ、締めにに何か食べたかった。となると、ここはヨーロッパ軒の至近、昨日行ったばかりだが行ってみる。開いていた。入る。
 カツ丼、大盛りいけるんじゃないかという気になる。ソースをご飯にかけないように、大盛りを頼む。夜でも接客がしっかりしており、何も言わずとも子供用の取り皿を持ってきてくれる。あっという間に食べ終え、終了。

(9)歩いてホテルまで戻る。途中ローソンに寄り、さくら通りを帰る。その名の通り、夜桜が美しかった。

(10)ホテルに着く直前、福井城の天守台辺りがライトアップしていることに気付く。人も居るらしいことに驚き。

(11)宿に着き、日付が変わる頃には寝てしまう。

福井県福井市01。

2009/4/9 23:59
2009/04/09

 福井へ二泊三日。主目的は、「桜の名木スタンプラリー」をして色々桜を見ること。

 ETC通勤割引の関係で、なんとか八時前に出発。関ヶ原ICから乗って、一旦米原ICで降りて、すぐ乗る。ぎりぎり九時前。


 単調で苦手な高速、妻も寝てるんで、すぐに眠くなってきたので、杉津PAに寄る。腹がすいてて、鯖寿司の看板に惹かれて、食べる。妻は好きじゃないので、尋ねたが一切れも食べず。ついでに、積極的に集めているわけではない、ドラえもんのスタンプラリーも押しておく。

 鯖江ICで降りる。寝てる妻は、特に希望もないということなので、早速最初の目的地西雲寺を目指す。ちょっと道を間違えついでに二号を発見、喜ぶ。
http://postmap.org/map/418369

 西雲寺、思ったよりも田舎で雰囲気がいい。観光客はちらほら。参道で、地元のおばさん達が葉寿司とおはぎを売っており、勧められるが、後にする。
 山門に、「西雲寺のシダレザクラ」のスタンプを押す。なぜか、お金が供えられている。
 桜より先に、一応本堂に参拝。シダレザクラ、大きなものが二本、小さいのが一本。いずれにしても見事。他に目立つのは、放し飼いの鶏。
 庫裏を訪ねる。応対して頂いた男性、朱印はやっていないと。院号があるか尋ねると鐘を見てみてくれとのこと、ちらっと、住職でも知らないだろうとおっしゃってたので、住職ではないようだ。
 桜を見ながら、葉寿司とおはぎを買って食べる。お茶も境内に用意されているのでありがたく頂く。広くない境内だが、他の観光客も弁当を食べたりしている。
 鐘にはおっしゃる通り、院号があった。

 偶然近くに蕎麦屋を見つける。普通の店というより、公的な機関がやっているような雰囲気。思ったより狭く、相席も覚悟していたのだが、離れに広い座敷があり、そちらを用意してくれた。店員さん、非常に気を使ってくれ、ヒーターをいれてくれる。
 メニューがないので訪ねると、しし鍋定食はどうかと。それでもよかったのだが、そばを目的に入ったので二人ともおろしそばにする。ただし、辛い大根おろしが苦手な妻はおろし抜きで。
 山芋を使っているのか、ぬるっとして弾力がある感じ。あっというまに食べる。そば湯も濃くて美味しい。漬物、わさび漬けというのか、大変辛かった。当然、私しか食べられなかった。
 私は割と満足できたが、妻は量の面で不満そうだ。

 古い地図を見てるので迷いながらも、これまでも何度か行ったことのある、足羽山へ。ちょうど混む時期なので、麓の有料駐車場に置いている人が多い。諦めず、上っていくと、運よく只で停められた。新潟ナンバーと、交通整理のおじさん、ありがとうございます。
 足羽神社。私は三度目。シダレザクラ、満開の姿を見るのは初めて。これは、この時期に来ないと、足羽神社に来たことにならないというほど、見事。火傷を負っているのにすごい生命力。
 「足羽神社のシダレザクラ」のスタンプを押す。私は既に頂いたことがあるので、妻のみ朱印を頂いて、拝殿へ参拝。そういえば、この新しい拝殿は初めて見るかも。前回は工事中だった気がする。
 本当は、続けて足羽山招魂社へも行きたかった。前回、朱印が貰えそうだったが、無人でもらえなかったため、今日くらいだと貰えるかもと期待したのだが、妻によって却下。

 足羽山を降りてすぐ、安養寺。狭い境内、なかなか古い雰囲気の寺。京都御所の桜から取ったということで、御所桜とも呼ばれている。
 本堂前で「安養寺のシダレザクラ」のスタンプを押す。次に本堂に参拝、庫裏へ。対応して頂いた女性、非常に丁寧に。住職が今居ないから朱印はかけないが、普段ならできると。謝られる。山号、院号、教えてくれる。ついでに、境内に違う名前の寺があるようなので、なんなのかと尋ねると、元は別の寺だったのだが、由緒ある寺、仏像があるのに、荒廃し、廃寺の危機になったので、招いたというようなことだった。さらに、その山号を訪ねると、思い出せないらしく、額がかかげてあるからと外へ出て確認して頂いた。色々しつこく尋ねて申し訳ないが、私などでは、崩してある額の字は読めなかったため。
 肝心の桜について。例年、四月八日頃に満開になるとのことで、昨日は行事があったそうだ。今日はちょっと満開を過ぎて散り始めとのこと。確かに桜吹雪がすごかった。また来年、その日に来ますと。うちの子を可愛がって頂いて、歩けるようになるともっと大変ですよと言われる。

 というわけで、安養寺にある寺、東雲寺にも参拝。そもそも、車はこの寺の真正面に停めている。大変立派で大きな御本尊があり、安養寺さんにより、ちゃんと中に入って参拝できるようにしてもらっている。世の中には、由緒もあって立派な本尊もあっても、荒廃していく寺もたくさんあるんで、この寺はは良い所に落ち着けたなーと思う。

 スタンプラリー、残り二か所は明日以降へ。妻が行きたいと、前回福井入りした時に行っていた、チーズケーキの店が近いので行ってやる。
 cafe点。駐車場がないので、私は外で待ち。狭い店内で、雑誌に載ったチーズケーキが特に沢山量産されていたとのこと。チーズケーキはとりあえず、あとで。シュークリームを買ってきてたので、半分食べる。クリームが独特。私は嫌いではない。

  中途半端に時間が余ってるので、すぐ近くにあるヨーロッパ軒の本店へ、久しぶりに行くことにする。駐車場がないので、車で訪れるのは初、というのは、近くのコインパーキングの、コインが貰えるということが、ガイドブックに書いてあったのを見つけたため。
 内装がちょっと変わった気がする。メニューも。3種盛スペシャルカツ丼を大盛り、いつものように、ご飯にソースかけないようにと頼む。子連れなので、座敷の席も用意できますがと勧められるが、寝て大人しくしてたので、遠慮しておく。何も言わないでも子供皿を持ってきてくれる。
 美味しかった。満足。駐車場コインも無事貰って無料。たった100円だったが。

 宿に行く前にスーパーへ。駐車場のある大きなスーパーの心当たりはただ一つ。幼い頃よく連れて行かれたところへ。昔はオレンジという名前だったが今は変わっていた。飲み物や、ビール程度の買物のつもりが、刺身が美味しそうだったので、買ってしまう。

 宿へ。ずっと以前、福井城の周りを一周した時に、インパクトがあるホテルがあるなあと思っていたホテル、ホテルフクイキャッスル。街中なので、駐車料金がとられる。一泊三百円ではあるが、この、街中だとホテルが駐車料金を課するシステムが納得できない。が、宿泊料金は今回ポイントで全額支払ってるので只みたいなもの。外観は正直、年季が入っていて心配したが、中は綺麗だった。広めのシングルの部屋に、エキストラベッドを入れてのツイン。充分。
 最上階、七階。残念ながら、城側ではないが、福井市街を見渡せる。やっぱり、福井は高い建物がないなあ、と。
 大浴場で風呂、刺身、日本酒。チーズケーキも少しわけてもらったが、味は覚えていない。いつのまにか寝る。
前 | 1 | 次

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close