タグ: 西宮市 を抽出しています。
Total: 3

三重県四日市市~大阪府大阪市浪速区。

2009/8/29 23:59
2009/08/29

 今日から一泊二日の旅。大まかな概要。
・京都でコンサートを聴く。
・甲子園で野球を見る。
・京都までは、ACとIKの二人のおっさんと同行する。
・京都で、CMとMPと合流する。その後、次の日の解散まで行動を共にする。
・移動は基本列車、18きっぷを使用する。

 06:52。いつも使う駅へ車で。涼しい。待ち人はホームに十人強。部活らしい学生の姿もある。
 列車は冷房車に当たったが、外がそこまで暑くない。すいていて、旅に行きそうな親子連れが隣。途中、狭い駅が改装されてて、大きく、駐車場完備の駅に成長していたのには驚いた。
 \300…運賃

(1)桑名駅。改札、担当職員がちょうどアナウンスに入ってしまった。18きっぷに印を押して貰わないといけないんで、待たなあかんかーと思ってたら、奥から二十代くらいの男性駅員、急いで駆けてきてお待たせしましたと、押印。
 ホームは人が多い。二十人強。
 \2,300…青春18きっぷ(一回分)

 07:33亀山行き普通。既に、ACとIKは名古屋から乗ってきているので車内ですぐに見つけて合流。ここで、IKが持ってきたサイコロを振ってもらう。5だ。5駅先の、南四日市駅で下車することになった。

 ここで注意。事の発端。
私「18きっぷで京都行くなら、途中下車して適当に観光しながら行けば、乗りなれてないAC&IKも楽なのでは」
私「ただ、特にどこで降りてどうとかは決めきれなかったから、適当に有名なところで降りるか?」
IK「ならいっそ、サイコロ振った目によって下車するか」
私「うーん。ありか。あえていい歳のおっさんがやるのはあほらしくていいかも。採用」
 以上。

 私は南四日市駅は下車経験あり。周り、知る限りなんもないよ、とかなんとか言ってると、かえってACやIKのテンションが上がっていく。騒ぎながら着。

(2)07:48南四日市駅。驚いた、駅員がいた。昔駅員が居たが、もう無配置になってしまったと思っていた。下車印と駅スタンプおさせてもらう。
 駅構内で、次の下車駅を決めておく。ACが振る。8、ちょうど乗り換え駅の柘植駅になった。私としては、6か7が美味しいと言ったのに。

(3)08:07。とりあえず、ミニストップが見えたので、そこで私とACは朝食を調達。これも出目次第では、朝食抜きになっていたわけで、良かった。店内で食べる。
 まだ時間が余ってるので、IKが近辺に何かないかと調べた結果、観音寺という寺があるということ。ここが観光できる寺なのか、ごく一般の普通の寺かわからないが行ってみることに。踏切からそれらしき寺の屋根が見える。屋根を見た私、古い寺に多い屋根の形式だったので、ちょっと期待。
 \390…ミニストップ-四日市泊小柳店

(4)08:25。驚いたことに、寺の前に解説板が設けられている。補陀洛山勅願院観音寺とある。737年に聖武天皇が開山、その後三人の天皇が勅願所とし、徳川家康も寄進し、徳川の葵の紋の使用を許可したとのこと。とんでもなく由緒のある寺だった。浄土宗であるらしいし、頼めばご朱印を頂けたかもしれないが、そんな時間もなく、由緒にただただ感嘆し、境内を通過し、駅に帰った。

(2)再び南四日市駅に。すぐに列車が来る。ちょっと早歩きで移動したので疲れた。

 08:37亀山行き普通。ロングシートの優先席しか空いてなかったが座る。

(5)08:59亀山駅。改札は出ずに人の流れについて乗り換え。乗り継ぎの列車は既に入線、二両編成のワンマンディーゼルなのだが、ACとIKは物珍しそうにしている。人が乗車するたびに鳴る音がなんなのかと問われた。なんなんだろう。どこで鳴ってるんだろうとは思うが、説明はできなかった。

 09:08加茂行き普通。座れなかったので先頭車両の後の方で立ち。関、加太と、私が降りてみたかった駅を通過、ACとIKはここで降りてたら大変なことになってたと口々に。
 部活らしい中学生、降りる時に二両目に乗っていたもので時間がかかってさらに、ホームで一人ずつ清算してるもんだから、四分遅れの出発となった。

(6)09:34柘植駅。普段乗り換えで一瞬しか滞在しない駅。出目に従い、改札を出て、近隣で何かしら観光するのが最低条件。次の乗車予定は10:31の一時間弱。
 とりあえず、下車印。ここのは乗り換え時に何度かもらったことがある。応対してくれた駅員が面白く、「(下車印押すのに)一回三百円ね」と言われた。無論、払わなかったが。駅スタンプはないらしい。
 駅前の案内看板を見る。距離はわからないが、色々書いてある。とりあえず、一番近そうな、稲荷とか書いてある方角へ向かう。

(7)歩き始めてすぐ気付く。蒸し暑い。東海自然歩道らしいが、本当にこの先に何か見るべきものがあるのか、みんなぶつぶつ言いつつ、じっと緩やかな登り坂を歩いて行く。汗はじっとり、ばてながらも、奇跡的に案内看板と御堂らしきものを発見。
 大日堂とのこと。昭和二十四年に山中から和尚の霊感により仏像が発掘されたそうで、その地に祀ってある。ここは山中から離れて人里で、お祈りするための場所にあたるのか。中は覗くもよくわからなかった。

 とりあえず、これで一観光、目的達成ではあるが、まだ時間があるし、駅前の案内板で見た稲荷はこの先にあるのか、なんとなく気をよくしたのか、三人はさらに先へ進む。
 すぐにわかれ道がある。右の林道っぽい方向をさし、熊鷹神社とある。同時に、登山道とも書いてあり、嫌な感じはしたが、行ってみることに。
(8)割ときつめの坂を、蒸し暑い中登り続けること十分。ACとIKからギブアップのお達し。私ももはやこれまでかと言うことで、時間的にも引き返すことにする。単に余分に汗をかいて疲弊しただけとなった。

 戻りながらも、大日堂を奇跡的に発見した時点で引き返せばよかったのにと悔やむACとIK。この辺りで、京都で合流するCMから一時間ほど遅れるとのメールがあった。計算すると、もう一駅くらいどこかで下車できそうになったので、急遽私がサイコロを振ることに。8、草津線石部駅と出た。全然わからない、私も降りたことがない駅となった。

(6)10:25。柘植駅に戻ってくる。AC達は飲み物を買って回復を試みたり、トイレに行ったり、やれやれと。

 さて、乗ろうと思った矢先、目の前で列車は発車してしまった。改めて時計を確認すると10:31を過ぎていた。駅に着いてほっとしすぎたのか、まさかの乗り遅れ。脱力。ホームのベンチに腰をかけたまま、ACとIKはそのまま次の11:31の列車まで動こうとはしなかった。
 私は一時間もじっとしてるのはちょっと耐えられないが、まあ、これも一人旅じゃない、旅の一つとして付き合って一時間近くだらだらし続けた。ただ、次の列車は11:10には入線してきた。

 11:31草津行き普通。右側のボックスシートに座る。もう下車する時間的余裕がないんで、大人しく。IKはうとうとしている。ここで私は、前々から携帯メールが扱えないACに対して、みんなのために使えるようにと、強く要求する。強く、というわけでもなかったが、比較的にACが前向きにメールを使えるようにしようとしていたので、話もスムーズに進み、下車するまでには扱えるようになっていた。
 途中、幻の下車駅となってしまった、石部駅を三人で見ながら、降りたら何もなくて困ったんじゃないかっていう感じで話がまとまった。もちろん、本当はあるかもしれないのだが、何も予備知識がないんで、そんな感じで。すみません。謝っておきます。

(9)草津駅。ここで新快速に乗り換え。いつも、大体この辺りで待つといい場所がある。そこで待つ。

 姫路行き新快速。途中までは立ちだったが、結局座れた気がする。

(10)京都駅、地下鉄に乗らなければならないのだが、JRから地下鉄の乗り換えは記憶がない。なんとか適当に行けた。
 \280…京都~北山

 国際会館行き普通。普通にロングシートに座れた。が、がらがらではなかった。ちょうど座れた感じ。

(11)13:09北山駅、地下の改札前で暫く待っていたが、CM達は先に着いて地上で待っていた。さっき使えるようになったと知らせたばかりのACの携帯にメールが届いていた。もちろん故意に。

(12)14時開演であまり余裕はないが、昼食を近くのラーメン屋で適当に。京都ラーメンの店ではないのがちょっとがっかりだが、まあいい。ここである程度しっかり食べて、球場で腹がすかないように対策する。スープは美味しい方、麺は柔らかめ、チャーシューはペラペラで味がしない。というわけで、まあ普通。
 ただ、その場で参照した携帯クーポンを全員がそれぞれ見せることで、みんなが100円引きになったのは良かった。
 \580…Aセット(しょうゆ)@金ちゃんラーメン-北山店

(13)13:50。京都コンサートホール。私はクラシックが好きだが、オーケストラのコンサートはこれが初めてになる。ただ、今日のはクラシック音楽じゃなく、服装も本当に普段着のままで、周りの客層もそれなり。どこにでも居る、若い人達という感じだ。だが、思っていたよりは女性が多かったくらい。
 14:00開演。ハープが入っている編成は初めて見た。案外音が聞こえるものだなと感心。ピアノは居ない。それにつけても、生演奏はやっぱりいい。充分感動した。軽妙な話、アンコールもあったりで、充実した時間を過ごす。
 \5,000…S席@京都コンサートホール・大ホール

(11)北山駅、コンサート帰りの客でごった返す。
 \280…北山~京都

 京都駅までの地下鉄も同様、とても座れなかった。四条での乗り降りが激しかった。

(10)京都駅。今後、甲子園までの乗り換えなど主導権があるCMだが、方向音痴で不安な面があるので、しっかり迷わないように気を張る。無事にJRの大阪方面ホームへ。

 大阪までの新快速。多分混んでた。

(14)大阪駅、阪神の梅田駅に乗り換え。CMがみんなの分を回数券で購入、いくらか安くなる。
 \260…梅田~甲子園

 甲子園駅までの列車。阪神は滅多に乗らないので、新鮮だった。色々。

(15)17:53甲子園駅、試合開始直前、かなりの人。人の流れについて行く。
 駅前では弁当や飲み物が売っている。弁当は買わなかったが、ペットボトルは持ち込めるようで、安い自販機で買う。
 \130…ジュース@自動販売機

(16)17:59甲子園球場。初。ツタが無い。ここに来るまでに、聞いてはいたが、なんだかがっかり。簡単な持ち物検査を受けて中へ。
 席は一塁側内野、一番安いと思われる内野席。久しぶりの外の球場、ナゴヤ球場を思い出した。席の粗末さ、狭さも同様。
 周りは当然阪神ファンばかり。ライトスタンドや三塁側内野でさえ。巨人ファンはライトスタンドの六区画くらいにまとめられている。
 試合は始ってるんで、周りの応援がすごい。中日では、内野のこの位置でこんなに激しい応援にならない。これが、阪神かと驚いた。また、知らんもの同士のファンでも、気軽に喋ったりしてるんで、知り合いなのかどうかもよくわからない。これが大阪か。
 ビールくらいは飲んでもいいかと思ったのだが、どれだけ待っても、アサヒ、スーパードライしか来ない。キリンも球場のスポンサーのようだが、なぜ。結局、なぜだなぜだと思いつつ、試合終了まで頼むことはなかった。
 試合自体は面白いと言えば面白かった。点を取っては取られ、ポテンヒットが多発したり、一言で言えば締まらない試合。ふわふわした感じ。流れというのが読めない。さらに巨人が勝ってしまった。これにはみんな落ち込んだ。
 中日戦でなくて良かった。この空気の中、応援なんてとてもできない。巨人戦で良かったとつくづく思った。
 \2,500…1塁アルプス@阪神甲子園球場

(17)21:52、試合終了後どこか適当なところで食事をと、適当に、中華料理屋へ。狭いが、ぎりぎりカウンターに五人座れた。私はまたラーメンを。ビールを飲んでも良かったが、聞いたらスーパードライしかないとのこと、やめた。IKは誘惑に負けて飲んで、落ち込んでた。
 出てくるのに時間はかかったが美味しかった。ただ、滅茶苦茶熱かった。麺も歯応えがあって好みだった。濃すぎず美味しかった。
 こういう個人商店の中華料理屋の割には、男性店員、非常に接客が良かった。また機会があれば来てもいいと思えた。
 \100…ジュース@自動販売機
 \600…みそラーメン@樹楽

(15)22:30甲子園駅。ここからもCM主導。さすがにホームはすいてきていた。
 \230…甲子園~西九条

 尼崎駅まで乗車、さすがに座れはしなかったと思う。

(18)22:47尼崎駅で乗り換え。

 西九条駅まで乗車、これはCMができるだけ18きっぷのためにJRが利用できるようにと配慮してくれた結果。感謝。

(19)西九条駅でJR乗り換え。きっぷはこれまで無効印を押してもらっていたのだが、ここの阪神側の改札は無人だったので、諦めて自動改札機に吸いこませた。
 JR側の改札では下車印と駅スタンプを無事に取得。

 新今宮駅まで乗車。座れずみんなで立っていた。

(20)新今宮駅。下車印を押してくれた。この駅は何度か降り立っている。何も変わりない。

(21)23:21今夜の宿、スパワールドへ。私は初めて。そもそも健康ランドでの宿泊がそんなに多くない。今はサービス期間で、一晩二千円で済むそうだ。受けつけてシステムを学ぶ。CMは特典券か何かを用意してたらしく、受付で見せると、「これですけど、要りますか?」と、紙で作る鉛筆立てを見せられた。めげずに、下さいというCM。さらに、「人数分、要りますか?」めげずに、じゃあ下さいとCM。その後、みんなに配られた。
 とりあえず、汗をかいてるので風呂、それから一時頃を目途に集合し、明日、何をするか簡単に決めることとして一旦解散。ロッカー、風呂へ向かう。
 \1,000…入館料@スパワールド

宮崎県延岡市~三重県いなべ市。

2009/4/29 23:59
2009/04/29

 今日の予定。一日かけてゆっくりと、家へ帰る。できたら、SAとかからなんか見れたらラッキーということで。

(1)多分、08:30起床。窓から見える延岡城には結局行けなかった。名残惜しいが、09:52出発、すぐ近くのエブリワンが物珍しいので(私は鹿児島で見かけて以来)、入って朝食買って、再出発。
 私は運転しながら食べられるようにおにぎりにする。逆に妻には、ここでも「タルタルチキン南蛮弁当」を勧めておいた。勿論、少しわけてもらって食べたが、物足りなかった気がする。

(2)11:28。佐伯ICから高速に乗る。

(3)12:10。日出JCT。

(4)13:02。山田SA。給油、妻に運転交替。

(5)13:25。鳥栖JCT。複雑、なんとか迷いはしないが、車の流れが危ない気がする。

(6)14:11。北九州JCT。

(7)14:29。めかりPA。ちょうど行きは関門海峡の向かい側、壇之浦PAで食事した。遅い昼は、ここでとることに。食堂は関門海峡と橋がよく見えるいい位置に座れた。私はふぐフライカレー、カリカリしてて、淡白な味わい。割と辛く、食べて良かった。妻はふぐ天丼とうどんのセット、揚げたてで熱く、うどんも良かったと言っていた気がする。
 多分私運転で出発。

(8)15:29。関門橋を渡る。

(9)16:02。美東SA(上り線)。ここは行きに観そびれた、秋吉台が見られるらしいので寄る。妻子は寝てるんでほっといて、展望所のような所へ見に行く。どうも、脳内イメージ映像と違う。見晴らしのいい田園風景は広がってるのだが、石灰岩が突き出てるようなものは見られない。どうも、はるかかなたの、秋吉台が臨めるというだけの意味合いのようだ。解説板はやけに力が入っている。

(10)16:14。山口CT。ここから眠気との戦い。妻子も寝てる。

(11)16:34。富海PA。余りにも子が騒いでうるさいので寄る。まあ、確かにずっとチャイルドシートなわけで、ぐずるのはわかるのだが。私も暫く休憩。

(12)18:43。気合いを入れて福山SA着。途中、広島辺りで少し渋滞し、そこが一番きつかった。妻も起き、たこ焼きが欲しいというので買ってやる。日が暮れる。妻に運転を交替する。

(13)20:54。播磨JCT。勿論、私は寝ていることが多いのだが、JCTなどの要所要所で起こされる。いや、わからなかったらすぐ起こせと言ってる為だが。

(14)21:46。西宮名塩SA。ここまで来たら、もう着いた気がしてやれやれという気分に。食事をとろうということになり、ああ、松屋だったっけ、と思いだす。それまで強固にここには寄ったことがないという妻も、松屋が入ってるのを見てようやく納得し思い出したようだ。私は、ベビーコーナーの質問回答コーナーに見覚えがあり、思い出していた。
 私は豚めし、妻は牛めし。つゆぬきと言い忘れたのか、汁がだくっぽくなってしまう。当然、普段より味が濃く感じる。子は食堂のおじさんを見て愛想を振りまくので笑顔で返してくれる。狭いシートから解放されて機嫌がいいのはいいんだが、またシートに設置する時が思いやられる。
 コーヒーを飲み、私が運転。

(15)23:33。草津JCT。

2009/04/30

(16)00:02。亀山JCT。

(17)00:13。四日市IC。2100円。九州、大分から一日走って素晴らしい。

 00:32。自宅着。勿論疲れたが、九州は行けると確信できたのが大きい。また、妻の方も、ひたすら疲れたーという印象より、九州は行けるなと感じてくれたことは何より収穫だった。

三重県いなべ市~宮崎県延岡市。

2009/4/26 23:59
2009/04/25

 宮崎へ行くことにする。延岡市。もちろん、高速道路千円の恩恵を受ける。積極的に。22時頃私運転で出発。

(1)初めて第二名神を走る。通って初めて気付いたが、これのおかげでかなり関西が近くなった。新しく綺麗。トンネルも三車線で驚く。いつもの名阪国道とは比べ物にならない。

(2)23:11。土山SA。ここで夜間眠くなっても意識を失わない、妻に運転を代わる。私だと容赦なく意識が飛ぶ。高速は退屈なので眠気も加速する。ただ、代わったら代わったで、運転の仕方があまりに私と違うので、落ち着いて眠れないという問題点もある。


2009/04/26

(3)00:35。西宮名塩SA。もうこんなところまで来れたと驚く。私は何とか寝てる。要所要所で、JCT、行先などを聞かれるので起きてはいる。

(4)02:24。吉備SA。思ったよりもかなり進んでいて驚く。また、もっと早く妻も眠くなるとふんでいただけに、あまり頑張らなくていいと告げる。GSが開いているので、いれておく。

(5)03:57。奥屋PA。妻が限界ということなので、私運転に代わる。よくここまで、こんな時間まで運転したものだ。思ったよりもずっと距離を稼いでくれた。

(6)04:46。宮島SA。夜が明け始めている。元々、夜間は大阪さえ越えてしまえば、そんなに頑張る気はなかったので、ここで仮眠をとることにする。元々、このSAから宮島が見えるということで、それを見るのも目的にしていた。
 夜景が見えるかもと、展望場所へ向かうことにする。勿論、妻はもう寝てるので一人で。風が強い、明け方でものすごく寒い。我慢しつつ行く。夜景は見えたが、このSA手前で見える広島市街の夜景の方が綺麗に感じた。とにかく寒いので早々に退散。宮島は当然わからない。寝る。
 06:56。出発してから寝っぱなしだった、子がもぞもぞと起きだす。妻も仕方なく起きる。わたしも起きる。ゆるゆると身支度。
 ここで朝食を済ませることにする。パンなどもあったが食堂で食べることにする。そんなに惹かれるメニューはないものの、地物と主張している穴子丼を私、宮島ラーメンというのを妻。大きな穴子が乗っているのではなく、刻んだものが乗ってきた。予想に反してつゆだくじゃなかったので満足して頂けた。
 展望所へ。相変わらず風が強くて寒い方だが、夜明けの比ではない。なんと親切に、無料で備え付けの双眼鏡みたいなやつを覗くことができる。向かいの島が宮島、鳥居や後ろの寺院も確認できた。デジカメ+双眼鏡でなんとか映らないか試みたが失敗。失敗したと思っていたが、案外映っていた。
 09:11。私運転で出発。

(7)10:21。佐波川SA。早速眠くなったから寄った。そんなに混んでいないが、駐車場整理の警備員が居た。妻は起きず、眠気覚ましにトイレへ行っただけで出発。

(8)11:05。美東SA。ここは、秋吉台が見えるかと思って寄った。後で知るが、上り線の内容をメモしていたものを、勘違いしていた。だが、ちょうど子の世話ができたのでよしとする。売店でオリジナルと主張する、夏みかんソフトクリームを買う。280円と、相場より少し安い。味は美味しいが、なぜか、ヨーグルトな風味。果汁100%と謳っているのだが。

(9)12:43。壇之浦PA。本日、観光のメインはここになる予定。本州と九州を結ぶ、関門橋、関門海峡を望むことができる。レストランの眺望がいいようなので、そこで食事。窓際に座れないとここに来た意味がないので、最初に先払いで注文時(席に案内される前)に、「待ってもいいんで、窓際に座らせてほしい」旨を伝える。「順番に入ってもらってるので、どうなるかわかりかねる(からできない)」という意味不明な対応をされる。席は一人ずつ、注文、会計が済んだ順に案内されるのに、わけがわからない。その上、「そこなら空いてますが」と指さされたのは、狭い二人掛け。こちらは子連れの三人連れなんだが。呆れて食べるの止めようかと思ったところで、「窓際が空きましたので」と言われ、注文、会計。クレジット払いで、クレジット控えはくれるのだが、レシートをくれない。言ってもくれないので、領収書をくれといったら、領収書はくれた。対応が不明すぎる。
 さておき、フグの身が入ったうどんのセットを食べる。白身魚のフライと言われてもわからない。だが、うどんとして、普通にあっさりとした関西系のだしで美味しかった。セルフサービスの味噌汁も普段飲みなれない、甘い白味噌。眺めと食事は満足。
 一階の売店で、うちの子を大変かわいがって相手してくれた店員さんがいた。何か試食させてくれたが、旅もこれからなので何も買わなかった。
 改めて、橋を眺めたり、二人して撮ったり。目立たないところに関門自動車道の碑があった。裏をのぞいてみると、殉職された方もいらっしゃるようで、四名のお名前があった。今となっては、こんなに短く見える橋も当時としては、大変なものだったことがわかった気がする。

(10)14:39。出発、関門橋を渡る。PAを出るときに、妻カメラをフロントガラスのあたりに設置。動画を撮ってみる。思ったよりうまく撮れてて満足。できるだけ、ゆっくり走ったがあっという間の九州上陸。車での上陸は初。妻は九州自体が初。もちろん、子も。

(11)15:10。鞍手PA。あっという間に眠くなる私。妻と運転交替。

(12)15:26。古賀SA。ガソリン補給のため寄る。ここで事件、左後のタイヤが一本だけ空気圧が低いと言われ、入れてもらう。のだが、そもそも、この圧で長距離走ったからか、タイヤがだめになっていて、このまま長距離で高速運転するのは危険、バースト寸前という。はっきりいってタイヤの知識が全くない私は、丁寧に説明してくれるのだが、それが正解とも、セールスともわからない。わからないというのは、無知な私が悪いので、タイヤを交換してもらうことに。一本だけってのはよくないってことで、寿命が近づいていた右後と共に。かなりの出費。痛い。15分くらいって言われた気がするが、実際は45分かかった。

(13)18:08。別府湾SA。妻運転なので眠くならず、ここまで順調に来られた。ここは眺望が良いということで、元々寄るつもりだった。食事もとってしまう。食堂からの眺望は確かに良い。だが、メニューがもうちょっと、ここならではっていうのが欲しかった。数少ない地物、くろめうどんを頼む。薄味で、海藻風味が強い。かつて佐渡で似た感じのラーメンを食べた事を思い出した。すっきりした味だが、すっぱさが残る。
 夕暮れ。19時前なのに、まだ明るい方。別府湾を見下ろせる展望所で暫く眺めてから私運転で出発。

(14)19:52。佐伯IC。めでたくETC表示は2100円、当初の予定通り。大阪都市近郊区間を深夜に過ぎたので、幾分安くなっての値段のはず。

 ここから延岡までは下道。これが曲者で、割と大変な道だった。ぐねぐねした山道が大半。片側一車線ずつのいい道なのだが、気は抜けず、眠くならずちょうど良かったという面もある。

(15)21時頃、延岡市街地へ。延岡名物、チキン南蛮。私は昔、宮崎市内で食べて美味しかった記憶が残っている。というわけで、夕食は決めていたのだが、思ったよりも遅くなってしまって、予定の、おぐら大瀬店は閉まっている時間となっていた。
 困ったなーと思ってたら、目に入ったのは「おぐら」の看板。あれ?と思いつつも、開いてるようなので急いで入る。後で知ったが、出北店だった。下調べが適当で知らなかった。チキン南蛮980円。前回食べた時も、ごはんが足りなくなって、今回も大サイズでお代わり。チキン南蛮はたるたるがかかってて、それなりに味が濃いので、ご飯が進みすぎる。どちらにしろ美味しく満足。不満は、禁煙席と案内されても、煙草臭かったことくらい。元々禁煙席なんて、あると思ってなかったんで、そこだけ一層悪印象。

(16)22時頃、有名な夜景スポット愛宕山へ。のぼって、駐車場に着いたものの、真っ暗。トイレと自販機の明かりくらい。下調べでは、ちゃんと明かりがあって、安全みたいなことを目にしたので、どうしたものかと。他に数台車があるものの、誰も降りていないようだ。車からでは夜景は見えないのだが。とりあえず、あと二泊する間に来れるだろうと、今晩は諦める。きっと遅すぎたのだろうと。

(17)22:38。延岡ホテル。今晩から三泊。決して安いわけではないが、ここより安いところが空いていなかった。良かったのは、眺望がよく、延岡城の城山が見えたこと。悪かったことは、下調べ不十分な自分が悪いのだが、インターネットの接続がダイヤルアップで、通話料が課金されるということ。結局、宿泊中一度も接続しなかった。
 疲れもあったのか私だけ早めに寝てしまう。
前 | 1 | 次

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close