タグ: 観音寺市 を抽出しています。
Total: 2

香川県観音寺市02。

2007/12/18 23:59
2007/12/18

(1)三日目、最終日。チェックアウトと同時に、白地城へ。というか、チェックアウトした時に初めて気付いたのだが、この宿自体が城跡に建っているらしい。後で調べたところ、この宿の前身、かんぽの宿の建設時にほとんどの遺構が破壊されたそうな。残念。現在は宿の真ん中に説明板があるのみ。

(2)目的は初日に続き、観音寺のうどん。道中で郵便差出箱一号丸型を見かけたので、撮りにおりると、その商店は簡易郵便局を兼ねていた。旅行貯金も決行。表口が商店、裏口が局入口、だが、明らかに裏口の方はあんまり使われていないようで、荷物が多く置かれていた。写真だけ撮らせてほしいと頼むと、それなら荷物をどかせようと、店主(兼局長)が気を遣ってくれたので、こちらも申し訳ないとおもい、荷物は写らないように撮りますと。店主夫婦は感じの良い方々で、寄って良かった。

(3)車に戻ると妻が寝ている。起きそうにないんで、この隙に二号ポストを発見、撮るの繰り返し。ついでに財田西簡易郵便局でも旅行貯金。その後も数多くの二号を獲得しながら観音寺市へ。

(4)昼前、ようやくうどん屋一軒目、十日屋。ここは本業は製麺所のようだ。今回の旅初めてのセルフ、先払い。ほんのりと甘みの感じるがすっきりとした出汁、やや細めだが噛み応えのある麺、大根おろし、生姜。美味しかった。かなり私好み。これで180円。奇跡。

(5)続いて大和屋。ここは市役所のすぐそば。最初空いていた店内も、12時を過ぎるとあっという間の超満員。待たれながら食べる。出汁は甘め、麺はつるつるもちもち、歯ごたえがあり、ぷちっと切れる。海苔の香りが良い。待ち客に追い立てられるように店を出る。

(6)観音寺市役所で記念の広域交付住民票発行。

(7)(8)満腹なので観光へ。一方宮へ。ここは安産のご利益で結構有名らしく、集落のはずれにあって、小さな規模なのに頻繁に参拝客が訪れていた。どうやら三嶋神社とある方が主体で、一方宮の方が摂社なんだろうが、ほとんど誰も三嶋神社の方は見向きもしない。我々は勿論、三嶋神社、末社もお参り。
 宮司さんも一方宮内におられる。朱印をとたずねるが、そういうのはやっていないと。残念。お守りだけ買い、絵馬を奉納。この一方宮の周辺、床下には夥しい数の丸い石が。これを持って帰って安産を祈願し、叶ったら、適当な丸い石を加えて二つにして返すそうな。住所氏名が書かれているのが多いので、ちゃんと消えてるやつを一個借りて帰る。いつかちゃんと返しに来ねば。

(9)初日に行くつもりだった、世界のコイン館へ。浅いコインコレクターである私は楽しみ、妻は冷静に全く興味がないんですけどと。200円、広い一部屋だけの展示だが、ボリュームとしてもいいくらいだし、解説も平易で、妻も楽しめるほどだった。一番インパクトがあったのは、一万円札をシュレッダーにかけた、切りくずいっぱいの箱。次に、千両箱の実際の重さ。重すぎる。こんなもん小脇にかかえられるわけがない。歴代御札の肖像など色々感心しつつ終了。さらっと見るのにはいい感じだった。深い人が行けば物足りないかと。

(10)すぐ隣に、この辺りの祭りで使われる、ちょうさというものが展示してあるとのこと。見てみる。太鼓台とのこと。掛布団と呼ばれる飾りが目を引く。分厚くて暖かそう。面白い山車だなと感心。
 この施設が道の駅ことひきの情報館らしい。コイン館の土産売り場には店員が二名居たが、こちらは無人で、他に客も居なくて寂しい。

(11)さらにコイン館の反対側に隣接する観音寺市郷土資料館へ。建物自体が大正時代の洋館になっている。無料で資料数、解説もそれほど多くないので気軽に寄れる感じ。建物自体を見るのも楽しい。一番記憶に残ったのは、台風の高潮でこの建物、古い資料が海水につかってしまったということ。140cmも浸水したそうな。その後、有志が一年がかりで一枚一枚資料の塩抜きをしたそうな。

(12)日暮れになってきた。近くに珍しい松があるというので見に行く。根あがり松。元県指定の天然記念物とある。なぜ、元なのかはわからないが、蛸足のようなその姿は珍しいし、よくこんな風になっても生きているものだと感心させられた。

(13)腹も少し空きがでてきたのでうどん、今屋へ。家族経営といった感じで、おじいさんがゆっくりと盆と箸を先に出してくれた。出汁は薄味、麺はつるつるもっちりとした細麺、揚げも入ってた。化学調味料が入ってないということで後味が良かった。

(14)日はすっかり落ち、国道11号沿いにある、かなくま餅へ。ここは本業は餅屋らしい。これまで食べたところで一番、塩味を感じた。といっても、塩辛くはない。つるつるの麺は噛むと程よいところでぷちっと切れる。薄い玉子焼も入っている。揚げは甘め。妻がお勧めのちからうどんを食べているので、餅を少し食べてみた。さすがにうまい。うまいので、餅をお土産に買ったほど。
 余談、お客さんが少なくなるとはなちゃんが来るそうな。可愛いんで興味ある人はどうぞ日が暮れてから。注意としては、看板に照明が灯らないんで、夜になると閉まっているかのように感じること。

 これで事前に調べておいたうどん屋は全て行ききった。まさか行ききれるとは思ってもいなかった。これから高速で帰らなければならないが、ETCの割引の関係で、帰るにはまだ少し早い。ならば、ということで、もう一軒くらい行けるかと、妻が携帯で調べる。

(15)着いたのは、うまじ家。ここは広く、店員も多く、客も割と居る。甘めの濃い出汁、つるっと細い麺。この麺を切るトントンという音がずっと店内に響く。ワカメが珍しいか。ちょっと後味が残る感じがする。お土産用の麺が売っていたので妻が実家用にと買って帰る。

(16)帰る。途中、22時を越えるようにと淡路SAへ。橋の夜景が美しい。暫く写真を撮った後、時間潰しと、消化が良かったのか、なぜか小腹が空いたので夜食となる。ソースかつめしなるものがあるので頼む。悪くはないが、福井のソースカツ丼とは趣が違う。これなら味噌カツ丼のが好み。
 食べ終わると、ちょうど22時くらいで、橋のライトアップが変わるとのこと。あわてて外へでて写真。言われてみれば少し青い部分がでてきたようだ。あっという間に終了。充分休憩となって出発。

 妻が名阪国道まで運転してくれたのでよく休めた。丁度深夜二時頃帰宅。満足のいく讃岐うどんの旅となった。

香川県観音寺市01。

2007/12/16 23:59
2007/12/16

 香川に来た。主目的はうどん。高松や坂出あたりは以前行ったことがあるので、今回は西讃、観音寺。

(1)前日夜から車で一気に到着、早速うどん。営業時間の関係から、つるやへ。腹が減ってた勢いで、食べたくなったぶっかけうどんを頼んでしまった。頼んでしまったというのは、本当は、普通のかけうどんを頼んで、各店で食べ比べるつもりだったから。久し振りの讃岐うどん、うまい。やはり、伊勢うどんより好み。あっという間に食べる。食べ終わって、かけうどんを食べねばと思い、二杯目を頼む。しょうゆかけを頼んでしまった。しまったというのは、普通のかけうどんもあったのを見落としたから。名物しょうゆかけという言葉に惹かれてしまったから。よく効く大根おろしとゆずがついてきて、醤油をかける。これもうまい。
 接客してくれたホールの店員は二人。一人は愛想良かったのだが、もう一人は迷惑なのかと思うくらいに愛想がなかった。これはマイナス。残念。

(2)続いては、柳川。ここは製麺所も兼ねているらしい。というか、製麺所だが、ついでにうどんも食べられるといった感じ。周りは古くからの住宅地、道も細い。客はほとんど地元民のようだ。自転車で乗りつける中学生なども。かけうどんを頼む。だしはやや甘め。麺は驚いたが、細くつるつると喉に入っていくような麺。色々行きついた結果、この喉越し重視な麺になったらしいが、なるほど。店員は製麺で忙しそうだが愛想は悪くない。そればかりか、私が清算している間、テーブルの上に置いといたデジカメが壊れてるのかとびっくりしたと、妻と談笑していた。ちなみに、私のデジカメはぱっと見液晶が割れてて、壊れているように見える。が、性格には液晶のカバーが割れているだけで、性能に影響はない。どうでもいい話。

(3)満腹なので観光へ。琴弾八幡宮というのが大きそうなので訪れる。問題は、石段がかなりあるらしい。381段なそうな。ゆっくりゆっくり、石段の脇にある末社も参拝しながら登ったので、妻も文句言わずついてきた。それにしても、これだけの神社の割には、石垣が折れてたり、灯篭が倒れてたりで、やや荒れている感じがし、本当に上に人が居るのかと不安を覚える。
 やっとついた拝殿。受付も脇にあるが人がいない。がっかり。とりあえず、高いだけあって眺めが良いので、海や町並みを眺めたりしてすごす。突然、下から菓子パンを買い込んだ、軽装の若い男性が現れ、挨拶される。ひょっとしてと、話しかけてみると、神社の方だった。昼食を買いに下界に降りていたところだったようだ。声をかけたものの、昼食の邪魔をすると悪いと思い、後からで構わないと断りを入れたのだが、結局、そのまま朱印を書いてもらうことになった。神社にしては珍しく、二種類ある。神社にしては珍しく、両方とも霊場(?)巡り用だ。この石段、上り下り大変ですねと声をかけると、一日何度も往復するので、慣れましたとのこと。夏は汗かいて大変ですがとも。偉いなあと頭が下がるとともに、これだけの石段でも慣れるもんなんだなあと感心。

(4)(5)そして神社裏の展望台から眺める、銭形砂絵。今回の旅のメインと言っても良い。幼い頃、ライトアップされたここの写真を見て以来、ずっと見てみたいと思い続けてやっと叶った。綺麗な円形に見えるように、わざと楕円で作ってあるとか、市民が整備して作っているとか、色々感心した。また、ここから海に沈む綺麗な夕日が見えるようだ。まだ時間が早いので後でまた来ることにする。この展望台までは車で来られる。

 神社に戻り、石段を降り、広い境内の末社を全てまわる。途中、ランニングしている、野球部であろう高校生に元気よく挨拶される。二十人くらい居たが、一人一人、擦れ違うたびに。こんなことは初めてで、礼儀にしっかりした学校だなあと感心した。皆そのまま、神社の石段へと消えていった。あそこを上り下りするのか。これは大変だ。


(6)石段上り下りで、ある程度うどんが食べられるようになった。大西へ。ここは、うどんもうまいがてんぷらが評判とのこと。かけうどんもついてくる、天丼定食を頼む。天丼は評判どおり美味しかった。うどんも、てんぷらの評判に隠れがちだが充分美味しい。甘みのないダシ、天カスが入っている。麺は固めでぷつりときれる。店を出ると同時に閉店となった。良かった。

 夕暮れ時。再び銭形砂絵を見に行く。いい具合に、海にしずむ夕陽が見れた。今年の年賀状の写真は決まった。例年、自分が撮った夕日の写真を朝日のようにして送っているのだが、これまで朝日だったことは一度もない。本当は朝日を撮りたいのだが、根性がないため、早起きできないため。一応、どこで撮影した写真かも書いて送ってるので、鋭い人なら夕日だと気付くかもしれない。今のところクレームはない。
 展望台から降りると、銭形砂絵の間近まで近づくことができた。当然、砂絵そのものには立ち入りは禁止なのだが、足跡がいっぱいついている。まさかこんなに簡単に近寄れるとは思ってもみなかった。

(7)日も暮れて、本日最後のうどん、一力へ。幹線道路沿いにあるが、ひっそりとした雰囲気。おばあさんと店主でやっている、食堂のようなお世辞にも綺麗とは言えない、昔ながらのうどん屋。客は始終私たちだけだった。座ったテーブルの脇に、暖かいようにと七輪を持ってきてくれた。テレビや音楽もなく、暗い雰囲気なのだが、味に間違いはない。本当に美味しかった。麺が好みだった。つゆもやや塩味を感じて好みだった。余計なお世話だが、もっと客が入ればいいのにと応援したくなる店だった。たまたま少なかったのかもしれないが。

(8)峠を越え、徳島県へ。今晩の宿は、阿波の抄の別館。フロントは本館、しっかりした応対。かなり安いのだが、2LDKの部屋を貸してくれた。冷暖房、冷蔵庫、バストイレ、台所完備。費用対効果が凄い。これは大勢で泊まりにきても楽しそうだ。充分広い。二人だと広すぎる。
 阿波池田駅近くのスーパーで地酒と刺身を購入、適当に飲み食いして一日目終了。
前 | 1 | 次

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close