タグ: 防府市 を抽出しています。
Total: 2

宮崎県延岡市~三重県いなべ市。

2009/4/29 23:59
2009/04/29

 今日の予定。一日かけてゆっくりと、家へ帰る。できたら、SAとかからなんか見れたらラッキーということで。

(1)多分、08:30起床。窓から見える延岡城には結局行けなかった。名残惜しいが、09:52出発、すぐ近くのエブリワンが物珍しいので(私は鹿児島で見かけて以来)、入って朝食買って、再出発。
 私は運転しながら食べられるようにおにぎりにする。逆に妻には、ここでも「タルタルチキン南蛮弁当」を勧めておいた。勿論、少しわけてもらって食べたが、物足りなかった気がする。

(2)11:28。佐伯ICから高速に乗る。

(3)12:10。日出JCT。

(4)13:02。山田SA。給油、妻に運転交替。

(5)13:25。鳥栖JCT。複雑、なんとか迷いはしないが、車の流れが危ない気がする。

(6)14:11。北九州JCT。

(7)14:29。めかりPA。ちょうど行きは関門海峡の向かい側、壇之浦PAで食事した。遅い昼は、ここでとることに。食堂は関門海峡と橋がよく見えるいい位置に座れた。私はふぐフライカレー、カリカリしてて、淡白な味わい。割と辛く、食べて良かった。妻はふぐ天丼とうどんのセット、揚げたてで熱く、うどんも良かったと言っていた気がする。
 多分私運転で出発。

(8)15:29。関門橋を渡る。

(9)16:02。美東SA(上り線)。ここは行きに観そびれた、秋吉台が見られるらしいので寄る。妻子は寝てるんでほっといて、展望所のような所へ見に行く。どうも、脳内イメージ映像と違う。見晴らしのいい田園風景は広がってるのだが、石灰岩が突き出てるようなものは見られない。どうも、はるかかなたの、秋吉台が臨めるというだけの意味合いのようだ。解説板はやけに力が入っている。

(10)16:14。山口CT。ここから眠気との戦い。妻子も寝てる。

(11)16:34。富海PA。余りにも子が騒いでうるさいので寄る。まあ、確かにずっとチャイルドシートなわけで、ぐずるのはわかるのだが。私も暫く休憩。

(12)18:43。気合いを入れて福山SA着。途中、広島辺りで少し渋滞し、そこが一番きつかった。妻も起き、たこ焼きが欲しいというので買ってやる。日が暮れる。妻に運転を交替する。

(13)20:54。播磨JCT。勿論、私は寝ていることが多いのだが、JCTなどの要所要所で起こされる。いや、わからなかったらすぐ起こせと言ってる為だが。

(14)21:46。西宮名塩SA。ここまで来たら、もう着いた気がしてやれやれという気分に。食事をとろうということになり、ああ、松屋だったっけ、と思いだす。それまで強固にここには寄ったことがないという妻も、松屋が入ってるのを見てようやく納得し思い出したようだ。私は、ベビーコーナーの質問回答コーナーに見覚えがあり、思い出していた。
 私は豚めし、妻は牛めし。つゆぬきと言い忘れたのか、汁がだくっぽくなってしまう。当然、普段より味が濃く感じる。子は食堂のおじさんを見て愛想を振りまくので笑顔で返してくれる。狭いシートから解放されて機嫌がいいのはいいんだが、またシートに設置する時が思いやられる。
 コーヒーを飲み、私が運転。

(15)23:33。草津JCT。

2009/04/30

(16)00:02。亀山JCT。

(17)00:13。四日市IC。2100円。九州、大分から一日走って素晴らしい。

 00:32。自宅着。勿論疲れたが、九州は行けると確信できたのが大きい。また、妻の方も、ひたすら疲れたーという印象より、九州は行けるなと感じてくれたことは何より収穫だった。

三重県いなべ市~宮崎県延岡市。

2009/4/26 23:59
2009/04/25

 宮崎へ行くことにする。延岡市。もちろん、高速道路千円の恩恵を受ける。積極的に。22時頃私運転で出発。

(1)初めて第二名神を走る。通って初めて気付いたが、これのおかげでかなり関西が近くなった。新しく綺麗。トンネルも三車線で驚く。いつもの名阪国道とは比べ物にならない。

(2)23:11。土山SA。ここで夜間眠くなっても意識を失わない、妻に運転を代わる。私だと容赦なく意識が飛ぶ。高速は退屈なので眠気も加速する。ただ、代わったら代わったで、運転の仕方があまりに私と違うので、落ち着いて眠れないという問題点もある。


2009/04/26

(3)00:35。西宮名塩SA。もうこんなところまで来れたと驚く。私は何とか寝てる。要所要所で、JCT、行先などを聞かれるので起きてはいる。

(4)02:24。吉備SA。思ったよりもかなり進んでいて驚く。また、もっと早く妻も眠くなるとふんでいただけに、あまり頑張らなくていいと告げる。GSが開いているので、いれておく。

(5)03:57。奥屋PA。妻が限界ということなので、私運転に代わる。よくここまで、こんな時間まで運転したものだ。思ったよりもずっと距離を稼いでくれた。

(6)04:46。宮島SA。夜が明け始めている。元々、夜間は大阪さえ越えてしまえば、そんなに頑張る気はなかったので、ここで仮眠をとることにする。元々、このSAから宮島が見えるということで、それを見るのも目的にしていた。
 夜景が見えるかもと、展望場所へ向かうことにする。勿論、妻はもう寝てるので一人で。風が強い、明け方でものすごく寒い。我慢しつつ行く。夜景は見えたが、このSA手前で見える広島市街の夜景の方が綺麗に感じた。とにかく寒いので早々に退散。宮島は当然わからない。寝る。
 06:56。出発してから寝っぱなしだった、子がもぞもぞと起きだす。妻も仕方なく起きる。わたしも起きる。ゆるゆると身支度。
 ここで朝食を済ませることにする。パンなどもあったが食堂で食べることにする。そんなに惹かれるメニューはないものの、地物と主張している穴子丼を私、宮島ラーメンというのを妻。大きな穴子が乗っているのではなく、刻んだものが乗ってきた。予想に反してつゆだくじゃなかったので満足して頂けた。
 展望所へ。相変わらず風が強くて寒い方だが、夜明けの比ではない。なんと親切に、無料で備え付けの双眼鏡みたいなやつを覗くことができる。向かいの島が宮島、鳥居や後ろの寺院も確認できた。デジカメ+双眼鏡でなんとか映らないか試みたが失敗。失敗したと思っていたが、案外映っていた。
 09:11。私運転で出発。

(7)10:21。佐波川SA。早速眠くなったから寄った。そんなに混んでいないが、駐車場整理の警備員が居た。妻は起きず、眠気覚ましにトイレへ行っただけで出発。

(8)11:05。美東SA。ここは、秋吉台が見えるかと思って寄った。後で知るが、上り線の内容をメモしていたものを、勘違いしていた。だが、ちょうど子の世話ができたのでよしとする。売店でオリジナルと主張する、夏みかんソフトクリームを買う。280円と、相場より少し安い。味は美味しいが、なぜか、ヨーグルトな風味。果汁100%と謳っているのだが。

(9)12:43。壇之浦PA。本日、観光のメインはここになる予定。本州と九州を結ぶ、関門橋、関門海峡を望むことができる。レストランの眺望がいいようなので、そこで食事。窓際に座れないとここに来た意味がないので、最初に先払いで注文時(席に案内される前)に、「待ってもいいんで、窓際に座らせてほしい」旨を伝える。「順番に入ってもらってるので、どうなるかわかりかねる(からできない)」という意味不明な対応をされる。席は一人ずつ、注文、会計が済んだ順に案内されるのに、わけがわからない。その上、「そこなら空いてますが」と指さされたのは、狭い二人掛け。こちらは子連れの三人連れなんだが。呆れて食べるの止めようかと思ったところで、「窓際が空きましたので」と言われ、注文、会計。クレジット払いで、クレジット控えはくれるのだが、レシートをくれない。言ってもくれないので、領収書をくれといったら、領収書はくれた。対応が不明すぎる。
 さておき、フグの身が入ったうどんのセットを食べる。白身魚のフライと言われてもわからない。だが、うどんとして、普通にあっさりとした関西系のだしで美味しかった。セルフサービスの味噌汁も普段飲みなれない、甘い白味噌。眺めと食事は満足。
 一階の売店で、うちの子を大変かわいがって相手してくれた店員さんがいた。何か試食させてくれたが、旅もこれからなので何も買わなかった。
 改めて、橋を眺めたり、二人して撮ったり。目立たないところに関門自動車道の碑があった。裏をのぞいてみると、殉職された方もいらっしゃるようで、四名のお名前があった。今となっては、こんなに短く見える橋も当時としては、大変なものだったことがわかった気がする。

(10)14:39。出発、関門橋を渡る。PAを出るときに、妻カメラをフロントガラスのあたりに設置。動画を撮ってみる。思ったよりうまく撮れてて満足。できるだけ、ゆっくり走ったがあっという間の九州上陸。車での上陸は初。妻は九州自体が初。もちろん、子も。

(11)15:10。鞍手PA。あっという間に眠くなる私。妻と運転交替。

(12)15:26。古賀SA。ガソリン補給のため寄る。ここで事件、左後のタイヤが一本だけ空気圧が低いと言われ、入れてもらう。のだが、そもそも、この圧で長距離走ったからか、タイヤがだめになっていて、このまま長距離で高速運転するのは危険、バースト寸前という。はっきりいってタイヤの知識が全くない私は、丁寧に説明してくれるのだが、それが正解とも、セールスともわからない。わからないというのは、無知な私が悪いので、タイヤを交換してもらうことに。一本だけってのはよくないってことで、寿命が近づいていた右後と共に。かなりの出費。痛い。15分くらいって言われた気がするが、実際は45分かかった。

(13)18:08。別府湾SA。妻運転なので眠くならず、ここまで順調に来られた。ここは眺望が良いということで、元々寄るつもりだった。食事もとってしまう。食堂からの眺望は確かに良い。だが、メニューがもうちょっと、ここならではっていうのが欲しかった。数少ない地物、くろめうどんを頼む。薄味で、海藻風味が強い。かつて佐渡で似た感じのラーメンを食べた事を思い出した。すっきりした味だが、すっぱさが残る。
 夕暮れ。19時前なのに、まだ明るい方。別府湾を見下ろせる展望所で暫く眺めてから私運転で出発。

(14)19:52。佐伯IC。めでたくETC表示は2100円、当初の予定通り。大阪都市近郊区間を深夜に過ぎたので、幾分安くなっての値段のはず。

 ここから延岡までは下道。これが曲者で、割と大変な道だった。ぐねぐねした山道が大半。片側一車線ずつのいい道なのだが、気は抜けず、眠くならずちょうど良かったという面もある。

(15)21時頃、延岡市街地へ。延岡名物、チキン南蛮。私は昔、宮崎市内で食べて美味しかった記憶が残っている。というわけで、夕食は決めていたのだが、思ったよりも遅くなってしまって、予定の、おぐら大瀬店は閉まっている時間となっていた。
 困ったなーと思ってたら、目に入ったのは「おぐら」の看板。あれ?と思いつつも、開いてるようなので急いで入る。後で知ったが、出北店だった。下調べが適当で知らなかった。チキン南蛮980円。前回食べた時も、ごはんが足りなくなって、今回も大サイズでお代わり。チキン南蛮はたるたるがかかってて、それなりに味が濃いので、ご飯が進みすぎる。どちらにしろ美味しく満足。不満は、禁煙席と案内されても、煙草臭かったことくらい。元々禁煙席なんて、あると思ってなかったんで、そこだけ一層悪印象。

(16)22時頃、有名な夜景スポット愛宕山へ。のぼって、駐車場に着いたものの、真っ暗。トイレと自販機の明かりくらい。下調べでは、ちゃんと明かりがあって、安全みたいなことを目にしたので、どうしたものかと。他に数台車があるものの、誰も降りていないようだ。車からでは夜景は見えないのだが。とりあえず、あと二泊する間に来れるだろうと、今晩は諦める。きっと遅すぎたのだろうと。

(17)22:38。延岡ホテル。今晩から三泊。決して安いわけではないが、ここより安いところが空いていなかった。良かったのは、眺望がよく、延岡城の城山が見えたこと。悪かったことは、下調べ不十分な自分が悪いのだが、インターネットの接続がダイヤルアップで、通話料が課金されるということ。結局、宿泊中一度も接続しなかった。
 疲れもあったのか私だけ早めに寝てしまう。
前 | 1 | 次

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close