タグ: 前立腺がん を抽出しています。
Total: 1

終息した日

2012/10/22 22:57
今日、10月22日は2つのことが終息した記念日になるであろう・・・。

や、全く私事ではありますが、ちょっと大きなハナシが終息したので、折角なので久々に記事にしておこうと思った次第。
暫し、お付き合いの程。


1つ目。
事の起こりは、昨年5月25日(水)にまで遡る。

被災地への1週間の出張が終わり、出張後のデータ整理などをしていた日の帰り道、いつも通る踏切でのこと。

遮断機が下りていたので自転車にまたがったまま、遮断機が開くのを待っていた。
遮断機が開いたとき、その時は何故か立ち漕ぎで踏切を通り過ぎようとした。普段は立ち漕ぎなんてしないのに・・・。

また、その日は踏切を照らす電灯が何故か消えていたのもあり、普段見えていた車道と歩道を区切る縁石が見えていなかった。

気がつけば、立ち漕ぎをしたまま前輪が縁石にぶつかり、そのまま顔面から地面へ倒れ込んだ・・・。
幸いヘルメットを被っていたので頭を打たずに済んだものの、歯が1本捻挫、もう1本は欠損した。もちろん、口内は歯で切って血まみれだし、左手小指も第2関節が剥離骨折(人生初の骨折)という有様。

もしヘルメットを被っておらず、頭から落ちて気を失っていたとすると、場所が踏み切りなだけにゾッとする。

経過は端折るが、歯の方は3本の神経を殺すこととなり、また3本は差し歯となった。
差し歯となってからも違和感は拭えず、定期的に経過観察をしていたが、今日『完治』とのお達しを頂いた。


2つ目。
7月24日に人間ドックを受診。
この時、オプションで前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSAも追加した。

というのも、親父が5年前に前立腺がんに罹り、手術したから。
前立腺がんは遺伝性のものとのことで、その時の主治医から「あなたも気を付けなさい」と言われていた。

結果、PSAは8.61との結果が出て『要精密検査』との判定。

すぐさま、最寄りの泌尿器科の開業医に掛かったところ「PSAの値は前立腺炎で高くなる可能性がある。あなたは今、前立腺炎になっていることには間違いが無いので、しばらくは薬を服用して様子を見ましょう」となった。

1ヶ月後、前立腺炎が治まったので、再度PSAの検査を受けると、今度は9.0と先よりも増えている!
これ以上の検査はできないと言うことで、病院に紹介状を書いてもらった。
大学病院では、生体検査をしましょうと言うことになり、今月頭に検査入院。

その結果が今日わかったのですが『がんは見受けられない』との結果でした。

とはいえ、入院前のPSAの値は6.7とのことで、多少下がってはいるものの、まだ高いことには変わりないし、年齢の割に高いのも要因としては不明確なので、継続してPSA検査で様子を見ていくしかない状況。


でも、不安要素であった2つが今日終息となったので、ホッとしました。
本厄の今年もあと2ヶ月ちょっと。
このまま、何も無いまま終わって欲しいモノです。

因みに、先輩達からは『後厄の方が大変だぞ?』と、大変ありがたいお言葉を頂いていますので、引き続き来年以降もより気を付けて過ごしたいと思う所存でありまする。
前 | 1 | 次

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close