潜れなかった

ブログ | 2010/9/23 00:05
のは,予想外だった.

最大深5mのプールにどっぷり沈もうと思って出掛けた.
2年ぶりくらいだったこともあって,プールを見てすぐに「これは無理だ」と思った.
何て言うの,本能的に無理だと思う感じ.

とりあえず入って身体を慣らそうとするも,身体から力と空気をうまく抜けず,さらには耳抜きもうまくできず,3mも行かなかったんじゃないかな,全然潜れなかった.
普通の競泳の調子は良かったんだけど,身体の内側との対話である潜水がうまくいかなかったことは,どうも今の心身の状態を表しているな…と心当たり多数.

グランブルーとかヨガとか頭に浮かびながら,またチャレンジしようと思う夜でした.

「電車の中で本を読む」ことは,

ブログ | 2010/7/25 02:18
移動を楽しんでしまう僕にはなかなか贅沢なことで,ほぼしていない.

その代わりなのか,たまに,本を読むために電車に乗る.
暑さの山を越えた夕方に,2冊ほどカバンに入れて駅へ.

ぐるりと重複しないようなルートを組んで,数時間の贅沢な時間.
窓際の席に座って,本を読んだり,夕暮れののどかな景色を眺めたり.

とてもゆたかな時間だった.
一年くらい海外で暮らすのもありかもなぁと思ったのは,初めてだった.
(南米には機会ないだろうけれど)

Amazon

不倫と南米
幻冬舎
¥ 1,470

海岸のイメージは砂浜ではなかった

ブログ | 2010/6/7 02:02
ことに気づく.

 自分の中にあるのは,どうも,「磯」のイメージ.砂浜の海岸は,非日常の海な気がする.
 まぁ,海自体,日常からはほど遠いのだけれど.

 海が見たかった.
 ような気がした,のは,おそらく嘘.
 休日に身を投げる口実として,ちょうどよかったという程度か.

 江ノ島や由比ヶ浜の明るさに疲れて,逗子へ向かったのは正解だった.
 日が暮れるのをただただ,一人でぐったり待つのにちょうどよかった.

 見上げれば,飛行機が大きかった.
 このあたりだと,羽田を発って未だ高度が上がりきっていないからだろう.
 飛行機ははじめ,青い海を進むように見えていたが,いずれ暗い海を抜けたがってもがいているように見えた.

 ああ,一人になっちゃったなぁ.
 楽になった部分もでかいけど,苦い.

 誰を待っている訳でもない.誰に待たれている訳でもない.
 そんな状態だというのに,出かけ際にばたばたと選んだ持ち歩く文庫が,
 江國香織の「号泣する準備はできていた」だったことを,読んでいる最中にひどく呪った.

 海と空の境が交わったら帰ろうと思っていたが,日が沈んでもいつまでも交わらなかった.
 向こうでは,高校生たちが賑やかで,小さな花火を上げていた.
 そのうちビールもなくなり,身体に海風が冷たくなってきた.

 外から冷えたのか,内から冷えたのか分からない身体を委ねた江ノ電は,なんとも面白くなかった.
 それはまるで,休日の終わりを突き放して伝えられているような気分だった.
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ..... | 14 | 15 |

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close