2010/03/03のき31呟き

ブログ | 2010/3/4 03:06
 08:08 おはよーござーますノシ モバツイはいれないおー…。新しいのどうなったかまだ見えず〜。も少ししたら落ち着くかな #
 11:44 @1D1i 真木に片想いの取り巻き絶対いるwww岩清水に憤る荘司とか籾山とかねw わたしも今朝から再読しております。省治と源先輩、出会いからして少女漫画だな…w #
 11:46 @1D1i 加賀先生のご親戚…私も不知で申し訳ないですが東京・三田にあった病院の一族をモデルにした自伝的な『永遠の都』『雲の都』シリーズがあって、その中心人物が父方の祖父で元海軍小医監・野上八十八とは知ってるんですが、陸軍なんですよね?この作品まだ未読orz #
 11:48 @1D1i 『永遠の都』脇敬助中尉が226関係の青年将校(参加はしてない)として出てますがモデルは分からず…ただ『帰らざる夏』の森山新助少尉とモチーフは同じ(生き様は違いますが)なので気になるとこです。きちんと調べてみますー。お役立てずにすみません…! #
 11:58 うーむ…。加賀乙彦の『帰らざる夏』の森山新助少尉(物語でもすでに故人)と『永遠の都』『雲の都』シリーズの脇敬助中尉はモデルまたはモチーフ同じなのかな…。敬助のその後の生き様は全然違うけど。しかしわたし、実は都シリーズまだ未読である #
 11:59 『永遠の都』『雲の都』はなー…まだわたしが読める時期にないと言うか、取っておきたい感じがしてたんだよね。なんていうか…勿体無い気がして(上手く言えないけど)でもまあ潮時かな。北杜夫『楡家の人びと』に舞台装置似てて比較もおもしろそう #
 12:01 加賀先生の話は帰らざる夏で高校の時入って以来、はまって抜けなくなった。宣告などの医者ものや精神病理的な短編がかなり好きになって読んでたんだけど、あのシリーズはとっておきすぎて一度パラ見して取っておいたという。ちょっとづつ大事に読むお #
 12:02 @MASAKI_N おしごとおつかれさまですー!mixiのデフォ…オレンジですねww じゃあ印象からガラリと変えた感じですねー。よし、後で見てみます!!ありがとござますーノシ #
 13:10 (・3・)アルェー? .@nagathukiのTwitter廃人度は 6.5%です。 http://kyubuns.info/hc/ #TwitterIsMyLife #
 13:45 新モバツイ、ソフバンのサーバトラブルで見られなかったみたいで、回避策してやっと見られたお。ううむ、前のデザインそのままでカラーチェンジが良かったかな。確かに空白多くて、すっきり感はあるけど個人的には狭めてほしいなー #
 13:50 のぼさんwwwはいじんw RT@shikikoji .@shikikojiのTwitter廃人度は 2250%です。 http://kyubuns.info/hc/ #TwitterIsMyLife あしは廃人じゃない、俳人ぞな #
 15:44 あれ…きのうリプライしたはずのツイート…ない…。送信失敗してたのかな。 #
 15:45 @i_mediator ご親切に教えてくださってありがとうございます!本屋さんに「汚損本でもいい」って伝えると大丈夫なんですか!おおお…手に入るだけで本当にありがたい。も少ししたら注文させていただきますー!楽しみ!! #
 15:51 ついったは誤字訂正が出来ないのがもどかし恥ずかしい。…「真珠湾の九軍神」が真珠湾の旧軍人になってたorz さらにジョンジュルチャップの兵科が歩兵になってたorzジョンは砲兵だよ!黄色だよ!お兄さんのカンジュルチャップ(川島芳子の旦那)が歩兵だおorz #
 15:55 しかし…襟章は憲兵の黒がかっこいいと思うのだが。あの辺の映画とか撮る時にも、街中の軍人さんを赤の歩兵ばっかじゃなくて青とか緑とかモブで出したら綺麗なのになー比率的に赤が多いのは納得するけど、なんてどうでもいいこと考えた #
 16:03 修造botに名指しで気合入れられるとビビるwww いやむしろ意味ないことばっかしてるよ私w  RT@shuzo_matsuoka: @nagathuki 仕事、恋愛、すべてにおいて理由、意味がなきゃいけないと思ってんじゃねーか!? #
 16:05 いま、同僚が「お先に失礼しますー」って言ったので返答しようと思ったら何故か「はい、いってらっしゃいー」っていってしまったw同僚ちょう受けて噎せてやんのw「お疲れ様でした」って言うつもりだったんだが、わたしの頭傷んでるなあ… #
 16:06 さて、わたしも帰るるるるーノシ 学内便がまだ来ないー #
 21:08 @1D1i なんちゅー困った子www小さい加賀先生を('A`)にさせてw 『帰らざる夏』の森山中尉の父ちゃんのモデルがおそらく極右政治家の森格だと思う(明日仕事場で確認します)し、そういう将校さんもいそうですw よければそのお話、どの本に載ってますか?読んでみたいwww #
 21:08 @1D1i いえいえw『楡家の人びと』とか『刑務所の中』や『のらくろ』に打ち返してくださって嬉しいですww 加賀先生と北先生の精神科医対談で「似てるね僕らー」とキャッキャしてたですw 都シリーズ、主人公の従兄弟の脇敬助が青年将校と関わりあるって設定らしいですー。わたしも読もう! #
 21:22 自分メモ:加賀乙彦『永遠の都』『雲の都』の時田利平のモデル=祖父の野上八十八。『帰らざる夏』の森山新助中尉(=都シリーズの脇敬助?)の父の森山優格のモデル=森格?わからんけど。要確認…山浦貫一『森格』 http://bit.ly/cPcW03 #
 21:28 わたしの生まれた日に、祖父の家の門の屋根裏からお雛様が出てきたのだが(伊勢湾台風時に水に浸からないように上げて忘れてたらしいw)、享保雛というやつで子供ながらに怖かった。夜、和蝋燭の灯で見させられて泣いたものだ。古かったし。今回も改めて見たが、歳とっても怖いものは怖い、と思ったw #
 21:34 和ろうそくの明かりで日本人形を眺めるとね、瞬きするんだお!和ろうそくの芯が揺れるから、人形の目の辺に陰が一瞬出来てまばたきしたように見える(洋蝋燭は揺れない)。お試しあれ!幽玄の世界だお!…怖いねん。ほんま怖いねん。怖いけど魅入っちゃうんだよおお。そんな雛祭りの日でございましたw #
 21:36 @MASAKI_N 文字サイズ!!そんなのも出来るようになったんですか!すげーなあ。試してみますね!教えて下さってありがとござますーノシ #
 21:58 . @wak_h @yumimoh ホントなんですよー人形の瞬き!揺らめく光は伝統や洋ろうそくにはない独特な、不安定だけどあったかい光で、非日常の空間に入るようですごくオススメですよー!! #
 23:23 @1D1i あら。いえいえいえ、わたしも勉強になったしその本も気になるので読んでみようと思います!とすると、その著者の困ったちゃんの親戚が気になりますww て云うか、勘違いわたしも多すぎて泣けるので、お機になさらないでくださいー!おかげで都シリーズ、読む踏ん切りつけられたんでww #
 01:35 ででできたー!!やっと、木場青・木下絵うぷできた!小話をつけようとしたら、意外にそれに時間かかった…wwww よーしやりきった! #
 01:38 …て、ぎゃー!!わたしがあの絵にかまけてた間に、すんばらしいのがうぷされてたー!!ぎゃー!ますかずばんにゃい!!ww #
 01:45 @kozakura152 まま益和漫画、いまやっとみましたあああ!!うあああ萌える萌えるうう!!あの子絶対に息してないですよね!益田もあと、らくがきのとこの榎和話にちょう同意ですー!!大きな子供と小さなおかんですよね!ちょ、もう詳しくは後から書きます!とにかく今のパッションを! #
 01:46 あああーやばい、もう寝なきゃいけないのに、遥佳さんの益和にときめきすぎて寝れないwwww とにかく布団に入るううう。おやしみなさいー!ノシ #
 01:47 @kozakura152 わわわわー!ありがとござますー!!!青木さまが小悪魔ちゃん全開で自分で描いてて噴きましたwww #

縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close